任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

相続・成年後見が絡む任意売却

お母様が亡くなり、住宅ローンの支払いが厳しくなったN様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
N様(会社員)

相続を伴う任意売却

母の死後、住宅ローンが家計を圧迫 → 任意売却と家計の見直しで再建

ご相談時の状況 数年前、お子様が増えたことで当時お住まいの賃貸住宅が手狭になり、お母様と旦那様の共有名義で住宅を購入されていました。 当初、母親も元気で、お仕事で得た収入で住宅ローンの支払いに協力してくれていたそうです。 購入から数年は、問題なく支払いができていましたが、お母様が、癌になって1年くらいでお亡くなりになってしまったそうです。 旦那様のみの収入に頼らざる得なってしまいましたが、母親と旦那様のお二人で返済していく予定で購入した住宅ということもあり、次第に月々の支払いが困難になってしまい、当社に任意売却のご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 任意売却をするかどうかの判断の前に、まず収支の状況の詳細をヒアリングさせていただきました
 
事例の詳細

離婚と相続が絡んだ任意売却 S様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
S様(会社員)

離婚・相続を伴い任意売却

離婚・相続の問題で家が売れない状態に → 専門家と連携してすべて解決

ご相談時の状況 愛知県の名古屋市にお住まいだったS様は、当社にご相談をいただいた時点ですでにご主人と離婚の調停を行っている段階で、離婚されることは決まっているものの、家や今後の生活をどうするか悩まれているとのことでした。 家はもう必要なので売りたいとの意向でしたが、当社で査定をさせていただいたところ、任意売却しても多額の残債が残ってしまう見込みでした。 また、家の土地はお亡くなりになったS様のお爺様の名義のままであったことから、その手続きも同時に必要で、離婚における財産分与や相続の遺産分割など様々な問題が絡む非常に難しい状況でした。 当社のサポート内容と結果 まず、離婚の条件についてご主人との話し合いが平行線をたどっている状態でしたので、ご本人の最優先事項である早期の離婚成
 
事例の詳細

相続したマンションの任意売却をしたS様(愛知県名古屋市)

愛知県瀬戸市
S様(会社員)

一相続物件の任意売却

相続手続きをしていない自宅のローンの支払いが困難に → 相続手続き後に任意売却

ご相談時の状況 お父様を5年前に亡くしたS様は、名古屋市内にあるお父様の名義のマンションにそのまま住み続けていましたが、引き継いだ住宅ローンを支払いを続けていくことができなくなりました。 当社にご相談いただいたときにはすでに4か月ほどローンを滞納されていて、残債も1500万円以上残っている状態でした。 しかし、S様はお父様が亡くなった際に相続の手続きをしていなかったため、すぐに任意売却しようにもできない状態でした。   当社のサポート内容と結果 相続の手続きをしていない場合、その不動産は法定相続人全員の共有財産という扱いになるため、相続人全員の承諾を得る必要がありました。 S様にはお姉様が2人いたため、お二人の承諾も必要だったのですが、マンションを売却
 
事例の詳細

認知症の旦那様に成年後見人をつけて任意売却したN様 (岐阜県大垣市)

岐阜県大垣市
N様(年金暮らし)

成年後見人による任意売却

認知症で任意売却ができない状態に → 成年後見を申し立てて任意売却が成立

ご相談時の状況 N様は旦那様と2人で暮らしていましたが、収入が年金のみで住宅ローンの返済が厳しくなっていました。これ以上の返済は難しいと考えたN様はインターネットで任意売却のことを知り、当社にご相談いただきました。 しかし、N様の旦那様は認知症を患っており、判断能力が十分とは言えず、不動産の売却などの契約ができない状態でした。   当社のサポート内容と結果 任意売却をするためには本人の意思での売買契約が必要ですが、認知症の方の場合この売買契約などの法律行為ができないため、まずは成年後見の申し立てを行うことにしました。 当社が提携する司法書士に依頼して成年後見を申し立て、そのままその司法書士に成年後見人に就任していただきました。 その後、その成年後見人で
 
事例の詳細
  page top