任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)】

転勤のために家を売却したいが残債が残ってしまう

<相談内容>

仕事の都合で、急遽、地方に転勤する事が決まりました。短期的な転勤ではなく、最低でも数年は今の家には戻れそうもないので、新たな拠点で、家族と一緒に生活をしたいと考えております。

ですが、まだローンの返済も長期間残っているので、売却しても完済できそうにありません。どのように対応したら良いのかが分からず、対応に困ってしまっています。

<回答>

賃貸物件として貸し出す

転勤であれば、引越し費用や家賃などはある程度、会社の方で負担してもらえるとは思います。

会社負担分と転勤先での生活、また住宅ローンの返済など、負担額がいくら多くなるのかしっかりとまずはシュミレーションしてみましょう。

その上で、家を賃貸することが考えられます。
賃貸が出来れば毎月の家賃収入によりローン返済にも回すことが出来るでしょう。
ただ、この場合、多くは不動産の仲介業者を探さなければなりませんし、物件を貸し出そうとしても必ず賃借人が見つかるとは限りません。

定期的な修繕費用や固定資産税など、実は賃貸するには意外と継続的なコストがかかってしまいます。また、不動産は年月が経つにつれて価値が下がり、取れる賃料も少しずつ下がっていくため、状況によってはおすすめはできない方法です。

 

売却する

次は家を売るということになります。

自己資金もなく、ご相談頂いているという事は、おそらく売却できたとしても残債が残る可能性が高いと思います。
そのような場合は、任意売却というのも一つの方法です。

通常、残債が残る場合には借り入れをしている金融機関が売却を認めず、抵当権を外しません。しかし、任意売却で当社のような専門の会社が交渉をすることで売却することができます。

仮に、このまま何もせずにローンを滞納してしまうと、家は競売にかけられ市場価格よりも安い価格で売却されてしまいます。低価格でしか売れない結果、残債も多く残り、新拠点での生活も多額の借金を背負ったままの生活になってしまいます。

任意売却であれば、競売よりも高い価格で売却できる可能性が高い分、残債も減る可能性が高いです。
また、残債が仮に残っても金融機関との交渉により無理のない返済計画を立てることが可能になります。

ただし、良い条件で交渉を進めていくためにも、やはり知識や経験がないと難しいと思いますし、任意売却は金融機関との交渉だけではなく、各書類の手続きも多いです。

もし、ゼロから自分でいろいろ調べて対応する事をご検討させているのでしたら、任意売却について経験豊富な当社にお任せください。

当社にお任せ頂いても、持ち出しとなる費用は、一切かかりませんので、自己資金が無くても安心です。
まずは、お気軽にご相談ください。

 

  page top