任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)】

自宅を任意売却して事業資金を捻出したM様(静岡県静岡市)

事業用ローンと住宅ローンの返済が困難に → 自宅を任意売却して事業を継続

ご相談時の状況

静岡市で事業を営んでいたM様は、ご自身の病気などが原因で一時的に大きく事業の業績を落としてしまい、事業用の借入の返済が難しくなってしまいました。

体調も回復してきたことから、何とか事業は継続したいと考えていらっしゃいましたが、住宅ローンも残っており、事業用融資と住宅ローンを両方支払い続けることは困難な状況でした。

そこで、何とか方法はないかとインターネットで色々と調べているうちに、任意売却という方法を見つけ、当社のホームページからご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいた時点で、事業用ローンの返済が月25万円、住宅ローンが月15万円で、現状の収入からは両方支払っていくのは難しい状況でした。

しかし、体調さえ問題なければ盛り返えす自信があり、事業だけは継続したいというご意向でしたので、自宅を任意売却して住宅ローンの負担を軽減することにしました。

その後、当社から住宅ローンの債権者へ交渉し、無事に任意売却が認められました。
残債も200万円程度しか出なかったことから、月1万円の分割払いが認められました。

M様はこれまで住宅ローンを月15万円支払っていましたが、ご自身の事務所の近くに賃料が5万円の家を借りることで、負担を大幅に軽減することができました。

結果として、事業用のローンの支払いは滞ることなく支払いを続けることができ、事業も継続することができました。

感想

体調を壊してしまい、思うように仕事ができない中で、事業と自宅のローンの返済が滞ってしまいました。人生をかけてきた事業ではあったので、何としても続けたかったので、家を任意売却することにしましたが、そのおかげで事業を続けることができました。家は賃貸で狭くなりましたが、支払いの負担も減って事業に集中できそうです。

解説

今回のケースでは、自宅に事業用ローンの抵当権が入っていなかったことが幸いしました。もし自宅に住宅ローン以外の抵当権が入っていると、自宅の任意売却に他の債権者が応じなかった可能性もあります。事業で融資を受けていらっしゃる方の場合、自宅や事業用資産、借入額、抵当権の入り方など、総合的に判断して対策をとることが必要ですので、専門家にご相談いただくことをお勧めします。

他のケース別相談事例をみる 
  page top