任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

「任意売却物件は割安でお買い得」は本当か?

当社は、任意売却を中心に住宅ローンの返済に苦しむ相談者の支援をしております。
一方で、任意売却のご依頼をいただいた場合は、当然その不動産を一般の市場で販売するため、その物件を買いたいというお問い合わせもいただきます。

もちろん、買いたいという人が出てきて売れないことには任意売却できませんので、そういったお問い合わせはありがたい限りです。

しかし、任意売却を専門に扱っていると、中には投資家の方から「任意売却の物件って相場よりも安くてお買い得なんですよね?」「投資用に割安な任意売却物件を紹介してください」というお問い合わせをいただくことも多々あります。

では、任意売却物件は本当に割安でお買い得なのでしょうか?

 

任意売却物件は相場よりも割安なのか?

結論から申し上げると、任意売却物件は相場と比べて割安とは言えません。
もちろん割高というわけではありませんが、相場通りの金額になることが一般的です。

以下、その理由を売主と債権者の立場から解説します。

売主から見た時の任意売却のメリット

住宅ローンの返済に窮してしまった所有者が、競売ではなく任意売却を選択する理由としては、競売と異なり「一般の市場で売却するため相場通りの金額で売れる」ということが挙げられます。

売主(所有者)の立場から見れば、少しでも高く売って住宅ローンを返したいという想いで競売ではなく任意売却を選択するわけですので、もし割安で売ってしまったら任意売却する意味がなくなってしまうのです。

債権者から見た時の任意売却のメリット

債権者(住宅ローンを貸している銀行やその保証会社)の立場から見ると、もし住宅ローンの返済が滞って不良債権となってしまった場合は、その担保となっている不動産を1円でも高く売って少しでも多く債権を回収したいわけです。

従って、その不動産を高く売るということに関しては売主(所有者)と利害が一致していることから、債権者は任意売却を承諾するのです。

逆に言えば、もし割安で売ってしまうと債権者の立場からしても不良債権の回収額が減ってしまい、競売でなく任意売却にする意味がなくなってしまうため、相場よりも割安で売ることを承諾することはまずありません。

以上のような理由から、任意売却物件が相場より割安でお買い得ということは、基本的にはあり得ないのです。

 

「任意売却物件ですので割安です」という業者に要注意!

前述の通り、任意売却物件は割安ということはなく、相場通りの価格だと考えるべきです。
しかし、それでも「任意売却物件は割安」と謳う業者が後を絶ちません。

もし本当に割安で売っているとしたら、それは少しでも高く売ってほしいと願ってその業者に依頼した依頼者への背信行為であり、悪徳業者と言わざるをえません。

また、買い手の立場からしても「任意売却物件だから安いですよ」といような営業をされた場合には、それは買わせるための謳い文句だということを理解し、しっかりと自分で相場と比較して判断することが大切です。

 

 

  page top