任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

サイン証明と居住証明とは?(海外在住の方の任意売却)

「海外にお住まいで、気づいたら日本にある自宅の住宅ローンが止まってしまっていた。このままだと競売にかけられてしまう」というご相談をお受けすることがあります。

海外にお住まいでも自宅を任意売却することは可能ですが、いくつかの要件があります。

まず、不動産の売買契約に必要な「住民票」と「印鑑証明書」は海外には存在しませんので、その代わりとなる書類を提出する必要があります。

また、契約と決済(引渡)は本人確認が必要になるため、原則として郵送ではなく対面での手続きとなり、一時的に帰国しなければなりません。

サイン証明と住居証明書とは?

サイン証明とは海外に在住されている人向けに外務省が発行する証明書のひとつです。
居住証明書は、実際に住んでいる場所を確認するための書類です。

海外に居住していて、日本国内に住民登録がない場合、印鑑登録証明書が取得できません。
印鑑登録証明書がないと不動産の取引ができないため、当然、任意売却も出来ません。

サイン証明は海外の在外公館にて発行されるもので、日本国内で発行される印鑑証明書の代わりとなる書類になります。

サイン証明(署名証明)は在外公館に出向くことで取得することができ、サイン証明は在外公館にて領事の面前にてサインを行い、そのサインが確かに本人のものであると言う証明となります。

すでに日本国内に住民登録がない場合は、現在の住所地のある領事館などの在外公館で、サイン証明を取得する手続きが必要です。

  page top