任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

リースバックで自宅を守り事業資金を調達したM様(愛知県名古屋市)

店が行き詰まりローンの返済が困難に → リースバックでローン返済と事業資金調達

ご相談時の状況

愛知県の名古屋市内の自宅兼店舗で床屋を営んでいたM様は、近隣地域に競合店が相次いで出店したことから売上が減少し、住宅ローンの返済が苦しくなっていました。

顧客を開拓するためにも古くなった店内を改装して新しい設備を入れたいと思っても、そんな資金の余裕はありませんでした。

このままでは売上が減り続けて近いうちに生活が行き詰り住宅ローンも返せなくなる、でも今の古い設備ではなかなか新規客が来てくれない、そんな不安と葛藤が続いていたそうです。

家を任意売却して宅ローンを返済することも考えたそうですが、自宅兼店舗というかたちで床屋を運営していたため、自宅を売ってしまうと仕事も失い収入が無くなってしまうため売ることもできないという状況でした。

そのように悩み続けていた時に、自宅を売却した後も賃貸としてそのまま利用できるリースバックという方法があることを知って当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社で査定をさせていただいたところ、住宅ローンの残債が約1000万円に対してリースバックで1400万円の評価額がつきました。

そこで、ご自宅兼店舗を1400万円でご売却いただき、1000万円の住宅ローンを返済し、残った資金を店舗の改装と設備の入れ替えに充てていただくことを提案しました。

その後、予定通り1400万円で購入してくれるリースバックの買い手が見つかり、その買い手に自宅兼店舗を売却すると同時に賃貸契約を締結しました。なお、賃料は8.5万円で合意できました。

これにより、M様は自宅兼店舗を売却して住宅ローンの返済をしつつ、そのまま自宅と店舗を使えると同時に、店舗改装のための事業資金も調達することができました。

 

感想

店の売上が減って、このままではローンも払えなくなる、古い店も改装できないという状態でした。家を売ったとしても、そうすると店がなくなり仕事ができなくなってしまう、そんな八方ふさがりの状態でした。リースバックというまさかこんな方法があるとは思っていなかったので、知った時は「これだ!」と思いました。名古屋でリースバックを扱っている会社にいくつか相談しましたが、ライフソレイユが一番良い条件を出してくれたのですぐにお願いしました。これでローンも返せて、店も改装できて、仕事も続けられます。ありがとうございました。(M様のインタビューはこちら>>)

解説

M様のように、リースバックは事業資金の調達方法としても活用できます。自宅や店舗、工場などの不動産をご売却いただき、その売却代金を事業資金として確保したうえで、売却した不動産を賃貸として借りることでそのまま使えるという仕組みです。事業用資産を売却してしまうと事業が続けられなくなってしまう場合は、リースバックをすることで事業に影響なく資産を売却することができるのです。もちろん将来買い戻すことも可能です。

他のケース別相談事例をみる 
  page top