任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

会社の破産に伴いリースバックで自宅を守ったW様(岐阜県岐阜市)

破産する会社の借入で自宅が抵当に → リースバックで自宅に住み続けながら完済

ご相談時の状況

岐阜市で事業を営んでいたW様は、会社の業績が悪化してしまい、事業用で借り入れた資金の返済が困難になってしまいました。

これ以上の事業継続は難しいと判断し、破産申請をして会社をたたむ決意をしましたが、自宅を借入の担保に入れていたために、会社が破産をすると自宅まで競売にかけられてしまうという状況でした。

自宅には奥様とお子様、ご両親もお住まいであったため、どうにか自宅だけは守る方法がないかということで当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただき、現状をヒアリングしたところ下記のような状況でした。

【負債】
・事業用借入残高 4,500万円 ※一部は自宅担保
・住宅ローン残高 800万円

【資産】
・事業用不動産 3,600万円 ※当社査定額
・自宅(戸建て)  2,000万円 ※当社査定額

以上のように、個人資産(自宅)まで含めると資産超過の状態でしたので、事業用資産と自宅を同時に売却し、自宅のみをリースバックすることを提案しました。

その後、無事に事業用不動産と自宅の買主が見つかり、売却代金で事業用の借入と住宅ローンをすべて完済し、自宅のみリースバックで賃貸契約を結びました。

結果として、負債をすべて完済できたためW様は破産を免れ、自宅も引っ越さずに済みました。
その後W様は会社をたたみ、一般企業に就職して安定した生活を送っていらっしゃいます。

「資金が貯まったらまたいつか事業にチャレンジしたい」というW様の前向きなお言葉が印象的でした。

感想

会社が立ち行かなくなって廃業を考えましたが、両親も住む自宅だけは手放したくなくて何か良い方法がないか探していました。リースバックなんていう方法は全く知らかったので、それを聞いたときは視界が開けた気がしました。 会社をたたむことになったのは悔しいですが、今は再就職して平穏な生活が送れそうです。でもやはりいつかは経営者として再起してもう一度挑戦したいと思います。

解説

個人事業主様や会社の社長様は、事業での借入に個人保証をしていたり、自宅を抵当に入れているケースがほとんどかと思います。そのような場合、どうしても会社で債務の返済ができなくなると、個人の自宅まで売却して返済せざるを得なくなります。このようなケースで有効なのがリースバックです。事業用の資産と自宅を売却して債務を返済し、自宅をリースバックして住み続けるという方法です。ただし、これは手続きの順序を間違えると成立しないため、慎重に進める必要がありますので、ご希望の方はご相談いただければと思います。

他のケース別相談事例をみる 
  page top