任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

離婚した夫が破産し競売にかけられた家を任意売却したM様(岐阜県多治見市)

元夫がローンを払わず競売通知が届いた → 元夫の所在を調査して任意売却

ご相談時の状況

5年前に離婚をされたM様は、離婚後も元夫と購入した岐阜県の多治見市の自宅に住み続けていましたが、ある日いきなり競売開始決定の通知が届きました。

元夫に連絡を取ったものの連絡がつながらず、このままでは自宅を追い出されてしまうということで、慌てて当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいたときにはすでに競売開始決定通知が届いた後であり、任意売却するにはかなりぎりぎりのタイミングでした。急いで元夫様に連絡を取りましたがつながらず、最後の手段として市役所に相談し、居場所を特定してお手紙をお送りしました。

すると元夫様から連絡があり、多重債務に陥っており返済ができない状態であったことがわかりました。そこで元夫様とも相談し、競売と同時進行で任意売却にチャレンジすることになりました。

ぎりぎりのタイミングでしたが、幸いなことにすぐに買い手も見つかり、競売を避けることができました。

残債が残りましたが、元夫様は他の債務もあったため自己破産を選択し、連帯保証人であったM様は多少貯蓄に余裕があったため、任意整理をして債権者と小額の返済を毎月続けていくことで合意しました。

 

感想

競売開始決定という通知が突然来た時には本当にびっくりして、どうして良いかわからなくなりました。友人や弁護士にも相談しましたが、なかなか解決の糸口が見つかりませんでした。そんな時にネットで調べていてライフソレイユ様のホームページを見つけて、ダメもとで相談してみました。結果的に任意売却で競売を避けることができ、自己破産することもなかったので本当に良かったです。

解説

今回のケースのように、元夫や元妻が住宅ローンや養育費の支払いができなくなってしまい、任意売却に至るケースは非常に多く見受けられます。特に共有名義や連帯保証人のままになっている場合は注意が必要です。元夫や元妻とできるだけ連絡を取りたくないという場合は、必要に応じて当社が間に入って任意売却の手続きを進めることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

他のケース別相談事例をみる 
  page top