任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

愛知県の競売動向

愛知県内の競売件数(戸建て・マンションのみ)は、平成28年の582件から平成29年に590件と微増しています。

首都圏では景気の回復が叫ばれてれていますが、愛知県内では住宅ローンの支払いなどが困難になってしまい自宅が競売にかけられてしまうケースは減るどころか増えており、所得の二極化が進んでいる状況が見て取れます。

愛知の裁判所管轄別競売件数

管轄 平成28年 平成29年
名古屋地方裁判所本庁 349件 321件
名古屋地方裁判所一宮支部 77件 95件
名古屋地方裁判所岡崎支部 89件 88件
名古屋地方裁判所豊橋支部 67件 86件
合計 582件 590件

※戸建て・マンションのみ

名古屋近辺は減少、尾張・三河地方は増加

愛知の裁判所の管轄別にみると、名古屋本庁管轄の競売件数は減少しているのに対し、一宮・岡崎・豊橋支部の管轄の競売件数は増加しています。

これは、名古屋の中心地の不動産価格が急騰してることが一因でしょう。
仮に住宅ローンが払えなくなってしまっても、不動産価格が高騰している名古屋の中心地では、自宅を一般売却や任意売却することによって住宅ローンを完済することができる方が増えたと考えられます。

一方で、愛知県内のその他の地域では名古屋市内ほど不動産価格の高騰が見られず、地方圏ではむしろ下落に歯止めがかかっていないため、売却しても住宅ローンを完済できず、売ることさえできずにそのまま競売になってしまっているケースが多いと思われます。

ローンを完済できなくても「任意売却」で競売を避けられます

通常、自宅を売却するためにはローンを完済する必要があり、「売ってもローンが残ってしまう」という状況では売却することさえできません。

その状況で住宅ローンの返済ができなくなってしまうと、債権者に競売を申し立てられて強制的に売却されてしまいます。そして競売になってしまうと、市場価格よりも安い価格で売り払われたうえに強制的に退去させられてしまいます。

しかし、任意売却であれば住宅ローンを完済できなくても、債権者と交渉して一般の市場で売却することができ、相場通りの金額で売却することができ、残った債務は分割返済などの相談をすることが可能です。

また、任意売却であれば住宅ローンが払えなくなったことを他人に知られることもなく、場合によってはお引越代が出ることもあります。

住宅ローンが払えなくなってしまっても諦めてそのまま競売を待つよりも、任意売却をご検討ください。

  page top