任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

税金が払えなくなり自宅を任意売却したY様(愛知県西尾市)

固定資産税の滞納で自宅が差し押さえに → 任意売却で売却代金の中から返済

ご相談時の状況

愛知県の西尾市にお住いのY様は、会社の業績の悪化によりボーナスや残業代が少しずつカットされていき、住宅ローンや自宅の固定資産税の支払いが少しずつ滞るようになってきてしまいました。

住宅ローンは送れながらも少しずつ支払ってきたのですが、固定資産税の支払いができずに滞納してしまっていたところ、市から自宅の差し押さえを通告されてしまいました。

これ以上支払わないと、延滞税がどんどん加算されてしまうため到底支払っていけないと考えたY様は、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいた時点で、税金の滞納で50万円以上あり、住宅ローンも2か月分滞納している状態でした。

そこで、任意売却するためにこれ以上の住宅ローンの支払いをストップしていただき、債権が保証会社に移る(代位弁済)されるのを待つことにしました。また、その間は住宅ローンの支払いを止めていただき、その分お引越し代と固定資産税の支払のための資金として貯金をしていただきました。

※住宅ローンの滞納が6か月を超えると、債権が銀行から保証会社に移ります。これを代位弁済と言います。任意売却は保証会社に代位弁済された後に保証会社と交渉して行うのが通常です。ただし、保証会社を使っていない場合は、銀行内での担当部署が変わりますので、その部署の担当者と交渉することになります。

4か月後に代位弁済されて債権が保証会社に移った段階で、当社が保証会社と交渉して任意売却を進めることに同意いただきました。

その後、無事に買主が見つかり、任意売却が成立しました。また、当社にて保証会社との交渉したところ、売却代金の中から固定資産税の滞納額50万円を控除してもらうことが認められ、売却代金の中から滞納していた固定資産税を返済して差押を解除することができました。

感想

収入が減っていく中で、何とか生活費を切り詰めて住宅ローンを送れながらも返していましたが、固定資産税まで支払うことができず、ついには差し押さえをされてしまって任意売却をする決心をしました。税金は任意売却しようが自己破産をしようがなくならないと聞いていたのですが、任意売却した売却代金の中から固定資産税を返済できました。ご尽力いただいた安達様に感謝す。おかげで身軽な状態で次の生活をスタートできます。

解説

消費者金融や住宅ローンは返済をしているが、税金を滞納してしまっているという方も少なくありません。しかし、実は債務の中で最も恐ろしいのが税金です。固定資産税をはじめとした税金は、自己破産をしても免責することができません。また、税金の差し押さえがあるとそれを完済して解除しない限り、任意売却をすることもできなくなります。今回のY様は50万円という金額でしたので、債権者が売却代金の中から支払うことを認めてくださいましたが、100万円を超えてしまうと任意売却自体が厳しくなってしまうこともございますので、最優先でお支払いされることをお勧めします。

他のケース別相談事例をみる 
  page top