任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

「競売」の読み方は”けいばい”?それとも”きょうばい”?

住宅ローンを滞納してしまうと、最終的には競売で強制的に自宅を叩き売られてしまいます。

ちなみにこの「競売」の読み方ですが、「けいばい」と呼ぶ人と「きょうばい」と呼ぶ人がいます。
これはどちらが正しいのでしょうか?

正しい読み方は…

結論から申し上げると、どちらも間違いではありません。
より厳密に言うと、法律用語としては「けいばい」、放送用語としては「きょうばい」です。

そのため、当社のような任意売却の専門会社や不動産会社などプロの間では「けいばい」と呼ばれ、新人などが「きょうばい」と読むと「こいつ素人だな」と思われてしまいます。

また、弁護士や司法書士などの専門家も「けいばい」と読まれる先生がほとんどです。

一方で、テレビでは「きょうばい」と読まれます。
当社でも良く任意売却や競売に関するテレビの取材を受けますが、そこで解説をしている途中でいつもの調子で「けいばい」と言ってしまうとカットされてしまい、テレビ局の方から「きょうばい」と発音してくださいと言われてテイク2を求められます。

したがって、私たちのような業界では「けいばい」と呼ぶのがごく一般的ですが、一般の方が良く使われる「きょうばい」も間違いというわけではありません。

ただし、不動産会社で「きょうばい」と言う担当者がいたら、任意売却や競売の素人の可能性が高いので注意しましょう。

 

  page top