任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

競売開始の通知が届いて慌てて任意売却したY様(岐阜県大垣市)

離婚と事業の業績悪化により支払いが困難に → 自宅を売却して事業を継続

ご相談時の状況

岐阜県の大垣市で個人事業を営んでいたY様は、2年前に離婚してこれまで夫婦2人で支払っていたローンを1人で支払う負担が大きく、それに加えて事業も徐々に売上が落ちてきており、住宅ローンの返済も少しずつ滞るようになっていました。

それでも何とか事業を立て直そうと必死に仕事をこなす多忙な生活を続けていましたが、ある日突然「競売開始決定通知」という書面が裁判所から送られてきました。

あまりに多忙だったため、銀行からの督促状が届いてもあまり開かずに放置していたY様は、競売の通知を見て初めて事態の深刻さに気づいたそうで、競売で家が安く叩き売られて多額の残債が残ることだけは避けたいと当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

事業を継続するために自己破産だけは避けたいというご要望でしたので、任意売却後に債務整理をして残債を分割で支払うという方法をご提案させていただきました。

競売の開始決定がされていて残された時間に限りがあったため、すぐに当社から債権者に連絡を入れて交渉したところ、一定以上の金額で競売の開札までに成立するのであれば任意売却を認めてもらえることになりました。

すぐに当社で販売活動を開始し、結果的に債権者が提示した金額で当社で取引実績のあった不動産業者に買い取っていただくことができました。

また債権者と交渉の結果、売却代金の中から引越し代も捻出することができ、残債も月3万円の分割払いで合意することができました。

その後Y様は今でも事業を継続されていて、徐々にではありますが仕事が増えてきているそうです。

 

感想

仕入先への支払いなどを優先していたところ、住宅ローンの返済が滞ってしまっていました。仕事ばかりしていてあまり家のことを気にしていなかったので、競売の通知が来たときは信じられませんでした。とにかく競売だけは避けないといけないと思い、他の不動産会社に相談しましたが断られてしまいました。ライフソレイユさんに相談したところ、まだ間に合うかもしれないと言ってくださり、何とか競売前に任意売却できたため、残債も少なくて済みました。これからは仕事に専念して頑張って事業を立て直したいと思います。(Y様のインタビューはこちら>>)

解説

ご夫婦ともに収入があった方が離婚してしまうと、ほとんどの方は住宅ローンの返済が苦しくなってしまいます。特に事業主の方は収入が安定しないことも多いため、長期にわたって返済を続けていくのは大変です。ただし、事業の関係上どうしても自己破産はできないというケースも多いため、そのような場合は債権者との交渉により任意売却の後に残った債務を分割で支払うなどの太陽により、破産せずに負担を軽減する方法をご提案いたします。

他のケース別相談事例をみる 
  page top