任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

遅延損害金とは?

 

遅延損害金とは、借金の返済が滞った際の損害賠償のことです。

 

【詳細解説】

お金の貸し借りの契約を結ぶ際の契約項目には必ず「返済期日」があります。

この返済期日の約束を守らなかった場合、借主の義務を果たせなかったとして『債務不履行』となり、それに基づく損害賠償を負うことになり、これを遅延損害金と言います。

債務(借金)の返済が遅れたことに対する、罰、損害賠償のこととお考え下さい。

遅延損害金は利息とは別に貸されるもので、期限到来前に発生するのが「利息」で、期限到来後に発生するのが「遅延損害金」となります。

遅延損害金額の計算

借入残高 × 遅延損害金利率(年率) ÷ 365 × 延滞日数

住宅ローンでの場合を見てみましょう。

遅延損害金の利率は、多くの場合14%前後で設定されています。
例えば、100万円を100日滞納していたとすると…

100万円×14.6%÷365日×100日=40,000円

もちろん、延滞を続けて日数が増えれば遅延損害金も発生し続け、当然その額は増えていきます。

特に、5~6か月滞納してしまい、期限の利益が喪失した場合には、ローンの残債務を「一括での請求」されることとなってしまうため、ローンの残りの全額に遅延損害金が発生してしまいます。
(期限の利益の喪失について詳しくはこちら>>)

例えば、残りのローンが1,000万円あるとすると…

1000万円×14.6%÷365日×100日=400,000円となり…

40万円程度は遅延損害金が発生してしまいます。

現在住宅ローンを滞納し、遅延損害金が発生してしまっている人は、いち早く任意売却をする必要がありますので、専門家にご相談ください。

  page top