任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

離婚に伴う任意売却

離婚後に自宅を任意売却し、債務整理で残債を圧縮したO様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
O様(会社員)

離婚に伴う任意売却

不要になった家を売却したいが残債が残る → 任意売却後に債務整理で圧縮

ご相談時の状況 愛知県名古屋市に在住のO様は、奥様と離婚して元々はご家族で生活していた家に1人でお住まいでした。 しかし、離婚時に多額の裁判費用がかかり、お子様の養育費も月々支払わなければならない状態で、1人では住宅ローンの返済をすることが難しくなってしまっていました。 また、「元々家族で暮らしていた広い家に1人で住んでいてもしょうがないし、ここにいると子供のことを思い出して辛いので、この家を引き払って一からやり直したい」という想いが強かったそうです。 しかし、売却しても住宅ローンを返しきれず、多額の残債が残ってしまう見込みであったため、困り果てて当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社で査定をさせていただいたところ、住宅ローンの残債が3000万円
 
事例の詳細

離婚と相続が絡んだ任意売却 S様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
S様(会社員)

離婚・相続を伴い任意売却

離婚・相続の問題で家が売れない状態に → 専門家と連携してすべて解決

ご相談時の状況 愛知県の名古屋市にお住まいだったS様は、当社にご相談をいただいた時点ですでにご主人と離婚の調停を行っている段階で、離婚されることは決まっているものの、家や今後の生活をどうするか悩まれているとのことでした。 家はもう必要なので売りたいとの意向でしたが、当社で査定をさせていただいたところ、任意売却しても多額の残債が残ってしまう見込みでした。 また、家の土地はお亡くなりになったS様のお爺様の名義のままであったことから、その手続きも同時に必要で、離婚における財産分与や相続の遺産分割など様々な問題が絡む非常に難しい状況でした。 当社のサポート内容と結果 まず、離婚の条件についてご主人との話し合いが平行線をたどっている状態でしたので、ご本人の最優先事項である早期の離婚成
 
事例の詳細

離婚の10年後にローンが滞り、元妻の協力を得て任意売却したY様(三重県松阪市)

三重県松阪市
Y様(会社員)

離婚後の任意売却

共有名義の元妻の連絡先が分からない → 手紙を送付して協力を依頼

ご相談時の状況 三重県松阪市にお住いのY様は、10年前に離婚をされていらっしゃり、離婚後も1人でローンを支払ってきましたが、収入の減少に伴いローンの返済が滞ってしまいました。 そこで、競売よりも少しでも高く売れればと当社に任意売却のご相談いただきましたが、調べてみるとご自宅が前の奥様と共有名義になっていることが判明しました。 共有名義の場合、共有者全員の承諾がなければ任意売却をすることができませんが、前の奥様とは離婚後一度も連絡を取っておらず、連絡先もわからないとのことでした。 当社のサポート内容と結果 かろうじで前の奥様の実家の住所だけはわかるということでしたので、当社でご協力を依頼するお手紙を作成させていただき、前の奥様の三重県内の実家に送付しました。 その結果、
 
事例の詳細

離婚に伴い自宅を任意売却したE様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
A様夫妻

離婚に伴う任意売却

離婚に伴い自宅を売りたいがローンを完済できない → 任意売却で残債を残して売却

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住まいであったE様ご夫妻は、お互いに納得のうえ離婚をする予定で、財産分与などの協議をされていましたが、自宅のローンが2500万円以上残っており、これをどうするかが問題となりました。 ご自宅も共有名義でしたが、それまで住宅ローンは2人で支払ってきており、ご夫婦どちらかだけで住宅ローンの支払いを続けていくことは困難で、売却してご主人様は賃貸へ、奥様はご実家に引っ越すことになりました。 しかし、不動産会社に査定を依頼すると査定額は2000万円で、500万円以上残債が残ってしまう状況でした。このことを債権者である銀行に相談しましたが、不足分を現金で補てんして一括返済しない限り抵当権を外さないと言われてしまい、困って当社にご相談いただきました。 &
 
事例の詳細

連帯保証人である離婚した元妻に迷惑をかけずに任意売却したT様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
T様(会社員)

前妻が連帯保証人の任意売却

前の妻が保証人 → 売却後に任意整理をして連帯保証人への請求を回避

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住まいのT様は、10年前に離婚してすでに再婚もしていましたが、前の奥様と購入したマンションの住宅ローンの返済が厳しくなり、任意売却をご検討されて当社にご相談いただきました。 お話をお伺いしたところ、前の奥様が連帯保証人になっており、もしローンを返済できなくなってしまうと前の奥様にも請求がいってしまう状況でした。   当社のサポート内容と結果 前の奥様には迷惑をかけたくないとのことでしたので、任意売却の後に残った残債は任意整理をしてT様が分割払いをしていくことを提案しました。(※自己破産や個人再生で残債を免責してしまうと、連帯保証人に債務が移ってしまいます) ※任意売却後の残債の整理についてはこちら>> 前の
 
事例の詳細

息子の進学のために自宅を任意売却したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社員)

離婚・収入減による任意売却

子供の学費の捻出が困難に → 任意売却で住宅ローンの負担を軽減

ご相談時の状況 愛知県名古屋市のマンションで生活をされていたK様は、7年前の離婚依以来、男手一つでお子様を育ててきました。その間に転職したことで、当時より収入が減少してしまいましたが、なんとか生活費と子供の教育費を捻出しつつ住宅ローンの返済を続けてきたそうです。 しかし、息子様が高校生卒業後に東京の私立大学への進学を希望されたため、大学の学費を考えるとこれ以上の返済は無理だと判断し、自宅を売却することを決断されました。 しかし、他の不動産会社に相談したところ残っているローンを完済できないと言われてしまい、どうして良いかわからず当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 お話し合いの結果、どうしてもお子様の夢のために希望の大学への進学をさせてや
 
事例の詳細

競売開始の通知が届いて慌てて任意売却したY様(岐阜県大垣市)

岐阜県大垣市
Y様(自営業)

離婚と収入減に伴う任意売却

離婚と事業の業績悪化により支払いが困難に → 自宅を売却して事業を継続

ご相談時の状況 岐阜県の大垣市で個人事業を営んでいたY様は、2年前に離婚してこれまで夫婦2人で支払っていたローンを1人で支払う負担が大きく、それに加えて事業も徐々に売上が落ちてきており、住宅ローンの返済も少しずつ滞るようになっていました。 それでも何とか事業を立て直そうと必死に仕事をこなす多忙な生活を続けていましたが、ある日突然「競売開始決定通知」という書面が裁判所から送られてきました。 あまりに多忙だったため、銀行からの督促状が届いてもあまり開かずに放置していたY様は、競売の通知を見て初めて事態の深刻さに気づいたそうで、競売で家が安く叩き売られて多額の残債が残ることだけは避けたいと当社にご相談いただきました。     当社のサポート内容と結果
 
事例の詳細

リースバックと生活保護で自宅に住み続けたW様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
W様(パート)

リースバックと生活保護

離婚でローンの支払いが困難に → リースバック後に生活保護を申請

ご相談時の状況 岐阜にお住まいのW様は、旦那様が会社の業績悪化によりリストラされてしまい、収入がなくなってしまいました。 その後、旦那様とは離婚することとなり、女手一つで住宅ローンを支払いながらお子様を育ててきましたが、旦那様からの養育費が滞ったため生活を続けていくことができなくなってしまっていました。 収入が少なかったため生活保護を申請しましたが、持ち家を所有していることから生活保護の対象外になってしまい、行き詰って当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 お子様の転校をどうしても避けたいというご要望でしたので、リースバックを提案させていただきました。当社でリースバックに応じてくれる投資家を手配し、無事に任意売却でのリースバックを成功させ
 
事例の詳細

離婚した夫が破産し競売にかけられた家を任意売却したM様(岐阜県多治見市)

岐阜県多治見市
M様(会社員)

離婚に伴う任意売却

元夫がローンを払わず競売通知が届いた → 元夫の所在を調査して任意売却

ご相談時の状況 5年前に離婚をされたM様は、離婚後も元夫と購入した岐阜県の多治見市の自宅に住み続けていましたが、ある日いきなり競売開始決定の通知が届きました。 元夫に連絡を取ったものの連絡がつながらず、このままでは自宅を追い出されてしまうということで、慌てて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいたときにはすでに競売開始決定通知が届いた後であり、任意売却するにはかなりぎりぎりのタイミングでした。急いで元夫様に連絡を取りましたがつながらず、最後の手段として市役所に相談し、居場所を特定してお手紙をお送りしました。 すると元夫様から連絡があり、多重債務に陥っており返済ができない状態であったことがわかりました。そこで元夫様とも
 
事例の詳細

離婚と前妻の破産に伴い自宅を任意売却したM様(静岡県浜松市)

静岡県浜松市
M様(会社員)
離婚に伴う任意売却

離婚に伴い住宅ローンの返済が不能に → 任意売却で自己破産を回避

ご相談時の状況 静岡県の浜松市にお住まいだったM様は、ある日自宅に帰宅すると奥様とお子様がおらず、実家に帰ると置手紙がありました。 後日、弁護士から連絡があり、奥様が離婚を希望していることと、自己破産の手続きをする旨を言い渡されました。 M様は奥様とお二人で住宅ローンを組んでおり、お互いに連帯保証人になっていました。 そのため、奥様の自己破産に伴い、銀行から全額の一括返済を求められてしまいました。 自分も自己破産するしか道が残されていないと考えていた時、当社が取材を受けたテレビ番組をご覧になり、ご相談にいらっしゃいました。   当社のサポート内容と結果 任意売却することについて奥様にも了承をいただき、当社にて任意売却をお手伝いしました。 債権者である銀
 
事例の詳細
  page top