任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

収入減少・リストラに伴う任意売却

住宅ローンを払わない元夫を説得して任意売却したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(無職)

離婚後の任意売却

元夫がローンを滞納 → 元夫を説得して任意売却

ご相談時の状況 住宅ローンの連帯保証人である元奥様(K様・愛知県名古屋市)からご相談をいただいた事例です。 奥様によると、離婚してすでに別居している元夫が住宅ローンを返済しておらず、連帯保証人である奥様に督促状が届いたそうで、競売になるくらいなら任意売却したいとのご要望でした。 対象の自宅にはご主人様がお住まいになっていましたが、精神的に落ち込んでしまい投げやりになってしまっている状態でした。 そこで、当社が元ご主人様のところにお伺いし、任意売却のメリット・デメリットをじっくりとお伝えして、現在の状況をご理解いただき納得いただいた上で任意売却を進めていくことになりました。 所有者の元ご主人様はすでに通信料の未払いで携帯電話が止められてしまっていたため、お子様に間に貼
 
事例の詳細

リストラで住宅ローンが払えなくなってしまい任意売却したY様(愛知県瀬戸市)

愛知県瀬戸市
M様(会社員)

リストラによる任意売却

リストラで住宅ローンの支払いが困難に → 任意売却と個人再生で債務を圧縮

ご相談時の状況 愛知県の瀬戸市の会社員であったY様は、2年前に勤めていた会社の業績不振によりリストラで解雇されてしまいました。 退職金はわずかで、なかなか次の就職先が見つからない中、生活費が切迫してしまったそうです。 何とか次の仕事が見つかりましたが、給与は前職よりも大幅に下がってしまい、住宅ローンの返済を続けていくことが困難になってしまったとのことで、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、住宅ローンの残高が約2000万円あり、その他にも生活費が足りずに借りたカードローンや消費者金融の借金が100万円以上ある状態でした。 今の給料で今後も返済を続けていくことは困難ということで、任意売
 
事例の詳細

収入が減少してローンの返済ができなくなってしまったT様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋
T様(会社員)

収入減少に伴う任意売却

残業代やボーナスカットで返済が困難に → 任意売却+個人再生で再出発

ご相談時の状況 愛知県名古屋市の一戸建てにお住まいだったT様。 ご自宅の購入当時は収入も十分あったため、思い切って名古屋市内に夢のマイホームを購入されたそうです。 住宅ローンも当時の収入であれば十分返していける見込みでしたが、その後勤務先が業績不振に陥り、残業代やボーナスがカットされて収入が下がってしました。 それと同時に子供が増えたこともあり、教育費などの出費もかさんで生活が徐々に苦しくなり、住宅ローンの返済も滞り始めてしまったそうです。 住宅ローンの借入先の銀行にも相談して返済期間を延ばしてもらったそうですが、その分完済までの時間が長くなり金利もかさんむため、とても最後までは返しきれそうにないと考えて当社にご相談いただきました。   当社のサポート
 
事例の詳細

うつ病でローンの返済が困難になり任意売却したK様(愛知県豊田市)

愛知県豊田市
K様(元会社員)

病気に伴う任意売却

ローンを滞納して保証会社から一括請求 → 任意売却で競売を阻止して引越代を確保

ご相談時の状況 愛知県豊田市にお住まいだったK様は、仕事のストレスと過労でうつ病を患ってしまい、仕事を続けることができなくなってしまいました。 貯金を切り崩して住宅ローンの返済を続けていましたが、少しずつ滞ってしまい、ついには保証会社に代位弁済されてローンの残債1500万円を一括請求されてしまいました。 もう競売しか道がないと思っていたところで任意売却のことを知り、当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点ですでに保証会社に窓口が移っており、競売を進める旨を通知されていたため、すぐに当社から保証会社に連絡を取り、競売ではなく任意売却で売却できるよう交渉しました。 ぎりぎりのタイミングでしたが、任意売却に切り替えることの承諾を得る
 
事例の詳細

任意売却した後の残債を他の借金と合わせて整理したM様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
M様(会社員)

任意売却後の債務整理

住宅ローンとカードローン等で生活が圧迫 → 任意売却+個人再生で負担軽減

ご相談時の状況 岐阜県岐阜市にお住いのM様は、職場の環境に馴染めずにこのままではうつ病になってしまうと思い、3年前に転職をされたそうです。 ところが転職後に収入が大幅に落ちてしまい、生活費を賄うのが難しくなってしまってい、キャッシングやカードローンで足りない生活費を賄うという悪循環に陥ってしまいました。 次第に、借金の返済が重くのしかかり、住宅ローンの返済が滞ってしまう状況に陥り、このままでは自己破産しか道が残されていないと考えて当社に任意売却のご相談をいただきました。 当社のサポート内容と結果 当社で債務状況を確認したところ、住宅ローンの残債が1800万円でそれ以外にも300万円の借入がある状況でした。 一方で、当社で査定をしたところ、自宅を売却しても1300~15
 
事例の詳細

競売の申立の直前に任意売却に切り替えたK様(愛知県岡崎市)

愛知県岡崎市
K様(会社員)

任意売却で競売を回避

競売の直前まで滞納を放置 → 直前で競売をストップさせ任意売却に変更

ご相談時の状況 愛知県の岡崎市にお住まいだったK様は、会社の業績悪化が原因でボーナスがカットされ自宅と車のローンの支払いが難しくなってしまいました。 返済が滞って督促の手紙や電話が頻繁に来るようになりましたが、「何とかなるのではないか」「こんなことを誰かに相談するのは気が引ける」と思い、なかなか対策をとることができませんでした。 しかし状況は改善せず、6か月ほど滞納が溜まってしまったときに住宅ローンの借入先の住宅金融公庫が委託している債権回収会社より「今月中に滞納分を一括返済しないと競売の申し立て手続きに入る。任意売却するのであれば業者を探してください」という旨の連絡がありました。 この時初めて任意売却という言葉を知ったK様は、これ以上は放置できないとインターネットで地元
 
事例の詳細

収入が年金のみになりローンの支払いが困難になったT様(愛知県一宮市)

愛知県一宮市
S様(年金収入)

老後の任意売却

年金生活で住宅ローンの支払いが困難に → 任意売却で残債を月5000円の分割払いに

ご相談時の状況 愛知県一宮市にお住いのT様は、3年前に名古屋市内の会社を退職して年金を主な収入として生活をされていました。 しかし、正社員として働いていた時と比べると収入が大幅に減少し、退職金も想定していたよりも少なかったため、75歳まで残り10年以上に渡って住宅ローンを支払い続けることが困難と考えて、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で住宅ローンの残高は残り1,200万円を切っていましたが、築年数が経過していたこともあり当社で査定をした市場価格は800万円程度で、売却しても残債が残ってしまう見込みでした。 そこで、残債が残る形でも売却しても抵当権を外してもらえるように当社で債権者と交渉し
 
事例の詳細

任意売却で引越し代と滞納していた税金の費用を確保したS様(三重県鈴鹿市)

三重県鈴鹿市
S様(自営業)

事業者の任意売却

手元資金が一切なく税金も滞納 → 任意売却で税金の返済と引越し代の確保を実現

ご相談時の状況 三重県の鈴鹿市で個人事業を営んでいたS様は、事業の業績が芳しくなく、収入がピーク時の4分の1以下にまで落ち込んでしまっていました。 ピーク時はかなりの収入があったことから、注文住宅で建てたというご自宅もとても立派なものでしたが、収入の激減で住宅ローンの返済が苦しくなっていました。 また、住宅ローン以外にも事業資金としての三重県内の地銀からの借入も1000万円以上あり、これらも含めると月々の返済額は30万円近くに及んでおり、任意売却をご検討されて当社にご相談いただきました。 さらに、事業を立て直すために個人資金もぎりぎりまで事業に投入していたため、当社にご相談にお越しいただいた時点ではもう貯金も一切なく、固定資産税や事業税などの税金も滞納していて、自宅を差押
 
事例の詳細

多重債務を任意売却と債務整理で解消したK様夫妻(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社員)

収入減による任意売却

多重債務で月々の支払いが25万円以上 → 任意売却と債務整理で月10万円以下に

ご相談時の状況 愛知県名古屋市のマンションにお住まいだったK様ご夫婦は、ご主人様の転職と、派遣で働いていた奥様の派遣期間の終了が重なり、収入が大きく落ち込んでしまっていました。 そこにお子様の教育費も重なり、生活費が足りなくなってカードのキャッシングや消費者金融からの借入で不足分を賄っている状態でした。 しかし、いよいよ返済ができなくなり、ご自宅のマンションの任意売却を検討されて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、すでに総額いくら借りているのか、月々いくら返しているかも把握できていない状態でした。 そこで、当社でヒアリングと調査をしたところ、住宅ローンが残債1800万円あり、それ以外にご主人様の40
 
事例の詳細

税金が払えなくなり自宅を任意売却したY様(愛知県西尾市)

愛知県西尾市
Y様(会社員)

任意売却で税金の差押えを解除

固定資産税の滞納で自宅が差し押さえに → 任意売却で売却代金の中から返済

ご相談時の状況 愛知県の西尾市にお住いのY様は、会社の業績の悪化によりボーナスや残業代が少しずつカットされていき、住宅ローンや自宅の固定資産税の支払いが少しずつ滞るようになってきてしまいました。 住宅ローンは送れながらも少しずつ支払ってきたのですが、固定資産税の支払いができずに滞納してしまっていたところ、市から自宅の差し押さえを通告されてしまいました。 これ以上支払わないと、延滞税がどんどん加算されてしまうため到底支払っていけないと考えたY様は、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、税金の滞納で50万円以上あり、住宅ローンも2か月分滞納している状態でした。 そこで、任意売却するために
 
事例の詳細

息子の進学のために自宅を任意売却したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社員)

離婚・収入減による任意売却

子供の学費の捻出が困難に → 任意売却で住宅ローンの負担を軽減

ご相談時の状況 愛知県名古屋市のマンションで生活をされていたK様は、7年前の離婚以来、男手一つでお子様を育ててきました。その間に転職したことで、当時より収入が減少してしまいましたが、なんとか生活費と子供の教育費を捻出しつつ住宅ローンの返済を続けてきたそうです。 しかし、息子様が高校生卒業後に東京の私立大学への進学を希望されたため、大学の学費を考えるとこれ以上の返済は無理だと判断し、自宅を売却することを決断されました。 しかし、他の不動産会社に相談したところ残っているローンを完済できないと言われてしまい、どうして良いかわからず当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 お話し合いの結果、どうしてもお子様の夢のために希望の大学への進学をさせてやり
 
事例の詳細

任意売却後にリースバックで子供の卒業まで引っ越さずに済んだM様(愛知県稲沢市)

愛知県稲沢市
S様(会社員)

収入減に伴うリースバック

収入減でローンの返済が困難に → リースバックで子供の卒業まで引っ越しを回避

ご相談時の状況 愛知県稲沢市で家族4人でお住いだったM様は、勤務先の業績不振で残業代とボーナスがすべてカットされてしまい、住宅ローンの支払いが厳しくなってきてしまいました。 何とか支払いを続けていましたが、ついに返済が滞ってしまい、債権者からこれ以上払わないと競売を申し立てる旨の通知が来てしまいました。 お子様があと1年半で中学校を卒業する予定であったことから、何とかそれまでは引越しせずに今の学校に通わせてあげたいという想いがあったM様は、他の不動産会社に任意売却の相談もしましたが、1年半は住み続けられないとすべて断られてしまったそうです。   当社のサポート内容と結果 当社でお話を伺ったところ、お子様が卒業するまではどうしても今の家に住み続けたいが、それ以
 
事例の詳細

競売開始の通知が届いて慌てて任意売却したY様(岐阜県大垣市)

岐阜県大垣市
Y様(自営業)

離婚と収入減に伴う任意売却

離婚と事業の業績悪化により支払いが困難に → 自宅を売却して事業を継続

ご相談時の状況 岐阜県の大垣市で個人事業を営んでいたY様は、2年前に離婚してこれまで夫婦2人で支払っていたローンを1人で支払う負担が大きく、それに加えて事業も徐々に売上が落ちてきており、住宅ローンの返済も少しずつ滞るようになっていました。 それでも何とか事業を立て直そうと必死に仕事をこなす多忙な生活を続けていましたが、ある日突然「競売開始決定通知」という書面が裁判所から送られてきました。 あまりに多忙だったため、銀行からの督促状が届いてもあまり開かずに放置していたY様は、競売の通知を見て初めて事態の深刻さに気づいたそうで、競売で家が安く叩き売られて多額の残債が残ることだけは避けたいと当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 事業を継続するた
 
事例の詳細

競売の間際から任意売却を成立させ、引っ越し代まで確保したS様(愛知県豊橋市)

愛知県豊橋市
S様(会社員)

任意売却で引っ越し代を確保

競売が1週間後に迫る → 任意売却に切り替えて引っ越し代を確保

ご相談時の状況 愛知県の豊橋でご家族と生活されていたS様(女性)は、旦那様の会社の不振により収入が減少したため、旦那様だけでなくご自身もパートとして働きながら家計をやりくりしていましたが、想定外の出費も重なって住宅ローンの返済が滞ってしまっていました。 なんとかなるのではと考えて、競売開始が決まってからもしばらくはどこにも相談せずにいましたが、ついには競売の入札が間近にせまってきていました。何とか任意売却に切り替えられないかと数社に相談したもののもう間に合わないとすべて断られて、当社にご相談いただきました。 当社にご相談いただいた時点で、競売入札開始日の1週間前で、開札日も3週間前に迫っている状態でした。   当社のサポート内容と結果 一刻の猶予もない状態で
 
事例の詳細

ボーナスがカットされ任意売却を決意されたR様(静岡県静岡市)

静岡県静岡市
R様(会社員)

任意売却で負担軽減

ボーナスカットで支払いが困難に → 任意売却で返済の負担を軽減

ご相談時の状況 静岡にお住いのR様は、会社の業績の悪化に伴ってあてにしていたボーナスがカットされてしまい、生活が苦しくなってしまいました。 元々は高額のボーナスが支給される会社であったため、住宅ローンもボーナス返済を高額に設定していましたが、ボーナスが完全になくなったことで、夏のボーナス払いができずに滞納をしてしまっている状態でした。   当社のサポート内容と結果 このままでは自宅が競売にかけられてしまうため、競売で安く叩き売られてしまうよりは任意売却で高値で売却して、次の生活を楽にしたいということで、当社で任意売却をすることにしました。 任意売却しても住宅ローンを完済できず、200万円ほど残債が残ってしまいましたが、債権者と交渉して月々2万円の分割返済で合
 
事例の詳細

通常の売却で買い手がつかず任意売却に切り替えたH様 (愛知県瀬戸市)

愛知県瀬戸市
H様(会社員)

一般売却から任意売却に切り替え

市場価格と乖離して買い手が付かず → 価格を調整して任意売却で自宅を売却

ご相談時の状況 不況による収入減で住宅ローンの返済が難しくなってしまったH様は、家賃の安い賃貸に引っ越すために不動産会社に依頼して不動産を売却しようとしました。 住宅ローンが1800万円近く残っていたため、それを完済できる金額での売り出しを不動産会社から提案され、当初は提案のとおり1800万円で販売をしていました。 しかし、1年経っても全く買い手が付かず、その不動産会社からの報告や連絡もほとんどありませんでした。 その間、H様は住宅ローンを支払い続けましたが、いよいよ返済ができなくなり、心配になって当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社で査定をさせていただいたところ、市場価格としては1200万円が妥当で、1800万円では到底売
 
事例の詳細

任意売却により娘様の大学進学を実現したN様(三重県津市)

三重県津市
N様(元会社員)

退職に伴う収入減で任意売却

会社の退職で返済不能に → 任意売却で家族の絆を取り戻し娘様の大学進学も実現

ご相談時の状況 N様は2人の娘様がまだ小さいころに離婚し、男手ひとつで仕事と育児を両立してきました。 勤務先も大手の精密機器メーカーで当時は収入も十分でしたが、離婚前に購入した家であったため、1人で生活費と2人の娘の学費を工面しながら住宅ローンの返済を続けて行くことが次第に難しくなっていました。 その後、海外メーカーとの競争が激しくなったことから勤務先の業績も下がり始めたため、早期退職の募集に応募して定年前に退職しました。退職金も出たため、当面はしのぐことができましたが、再就職することができずに再び生活が厳しくなりました。 「このままでは娘様を大学に入れてやることができない…」とずっと悩まれていたときに、たまたま当社が任意売却について取材を受けたTV番組を当時高校生であった娘
 
事例の詳細

リーマンショックで残業代を大幅カットされ任意売却を決意されたH様(愛知県豊田市)

愛知県豊田市
H様(会社員)
リーマンショックに伴う収入減

残業代カットでローンの返済が困難に → 任意売却後に月1.5万円の分割払いで合意

ご相談時の状況 愛知県の豊田市にお住まいであったH様は、大手自動車メーカー勤務で収入も十分であったため、6000万円の立派なご自宅を購入されていました。 しかし、2年後にリーマンショックが起こり、残業代が大幅にカットされことで収入が激減し、ローンの支払いが難しくなってしまいました。 なんとか払っていけないわけではありませんでしたが、住宅ローンの返済のためだけに働いているような状態になってしまい、任意売却をするか悩んで当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 無理をすれば払い続けられるだけの収入があったため、最初は自宅を本当に売却するか悩んでいらっしゃいました。どうしても任意売却せざる得ないという状況ではなかったため、当社としても売却しない選択肢
 
事例の詳細

自営業の売上が低迷し、自宅を任意売却して再出発したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(自営業)
戸建て

住宅ローン残高1800万円 → 任意売却で競売を回避、残債は月5,000円の分割返済

ご相談時の状況 名古屋市でご夫婦でお弁当屋を営まれていたKさんご夫妻。昨今の景気の低迷と競合弁当屋の増加で価格競争が進み、味を売りにしていたKさんのお店でもお弁当の販売価格を下げざるを得ない状況になってしまっていました。 新商品を出すなど色々と試みたものの、結局お弁当の価格を下げなければ売上は伸びず、価格を下げるために利益を削り、売っても売っても儲からないという悪循環に陥っていました。 最終的には経営に行き詰まり、収入が激減して住宅金融支援機構から融資を受けていた自宅のローンの返済が難しくなってしまったとのことで、自宅が競売になるのは避けたいと当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、住宅ローンの残高が1800万円で、すでに返済を
 
事例の詳細
  page top