任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

受付時間:朝7:00~夜23:00(年中無休)
相談無料  土日もご相談受付中です
0120-928-366

任意売却はライフソレイユにお任せください。相談費用無料、365日対応!【愛知県(名古屋市)・岐阜県・三重県・静岡県(浜松市)】

ケース別相談事例

住宅ローン問題から解放された方々の実例

当社にご相談いただき、競売を回避して住宅ローン問題から開放された方々の実例をご紹介します。

体調を崩して仕事ができなくなり任意売却をしたI様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
I様(無職)

病気に伴う任意売却

病気で仕事ができずローンの支払いが困難に → 任意売却と債務整理で負担を軽減

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住まいだったI様は、ご相談時体調を崩されており無職の状態でした。 僅かながらの年金収入はあるものの、仕事が思うようにできない状態で住宅ローンの返済が続けられないとのことでした。 しかし、自宅を売却しても完済できないほど住宅ローンが残っており、どうしていいのかわからずご相談をいただきました。   当社のサポート内容と結果 まずは現在の状況をヒアリングさせていただきました。 住宅ローン残債が900万円あること、月々の住宅ローンの支払いが10万円強であることがご負担となり、カードローンに借金をする悪循環な状態になっていました。 最初にサービサーから査定の依頼を受け、適正価格を算出いたしました。 しかし、サービサーの回
 
事例の詳細

親族間で任意売却して自宅を守ったN様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
N様(元自営業)

親族間売買

事業の借金が返済できず自己破産 → 息子が自宅を購入して自宅を守る

ご相談時の状況 元々自営業であったN様は、70歳を迎え仕事はもうほとんど引退していたそうですが、現役時代に事業資金として借りていた借金がまだ2000万円以上残った状態だったそうです。 今までずっとコツコツ返済していましたが、自営業であったため年金も少なく返済に行き詰ってしまったと言います。 もうこのままでは生活が成り立たないということで、やむを得ず自己破産をする選択をされましたが、問題は愛知県の名古屋市内にあった自宅が借金の担保になっていることでした。 何とか残りの人生をこの家で最後まで過ごしたいという想いから、何とかする方法はないかと当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 どうしてもこの家を残したいというご意向に沿えるよう、まずは
 
事例の詳細

会社の破産から任意売却で再出発したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社経営)

会社の倒産に伴う任意売却

会社の債務超過で資金繰りが悪化 → 任意売却と破産で再出発

ご相談時の状況 K様は愛知県名古屋市内でITシステム関連の会社を経営されていました。 創業当初はITバブルの波にも乗って順調に業績を伸ばしていたそうですが、競争の激化により価格競争が進み、仕事も減って業績が大きく下がっていってしまったそうです。 その結果、好調だった時に投資した多額のシステム開発費を回収できなくなり、資金繰りが悪化していきました。 銀行からの借入で資金繰りをしのいでいましたが、負債が膨れ上がり、今後業績の回復も見込めないことからこれ以上の会社の継続を断念されるという判断をされました。 会社を破産により清算するにあたり、K様ご自身も社長として会社の債務を連帯保証していたことから個人としても自己破産を余儀なくされました。 そこで名古屋市内にあった自
 
事例の詳細

任意売却後に債務整理して再出発したS様(三重県津市)

三重県津市
M様(派遣社員)

多重債務による任意売却

給料の半分以上が借金の返済に → 任意売却と債務整理で負債を免除

ご相談時の状況 三重県津市のS様は、年齢の問題もありなかなか正社員としての仕事につくことができず、派遣社員としてお勤めをされていました。 しかし、派遣社員では期間が満了すると仕事がなくなり、次の仕事が決まるまでに時間がかかってしまうという状況が10年近く続きました。 派遣社員であったため給料も上がらず、仕事がない間は生活費が足りないためにカードローンや消費者金融からの借金に頼らざるを得なかったと言います。 そんな状況が長年続き、借金も膨れ上がり気が付けば300万円以上も溜まってしまったそうです。 そして、働いても給料の半分以上を借金の返済に回さなければならないという多重債務状態に陥ってしまい、生活費確保や住宅ローンの返済ができなくなり当社に任意売却のご相談いただきま
 
事例の詳細

リストラで住宅ローンが払えなくなってしまい任意売却したY様(愛知県瀬戸市)

愛知県瀬戸市
M様(会社員)

リストラによる任意売却

リストラで住宅ローンの支払いが困難に → 任意売却と個人再生で債務を圧縮

ご相談時の状況 愛知県の瀬戸市の会社員であったY様は、2年前に勤めていた会社の業績不振によりリストラで解雇されてしまいました。 退職金はわずかで、なかなか次の就職先が見つからない中、生活費が切迫してしまったそうです。 何とか次の仕事が見つかりましたが、給与は前職よりも大幅に下がってしまい、住宅ローンの返済を続けていくことが困難になってしまったとのことで、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、住宅ローンの残高が約2000万円あり、その他にも生活費が足りずに借りたカードローンや消費者金融の借金が100万円以上ある状態でした。 今の給料で今後も返済を続けていくことは困難ということで、任意売
 
事例の詳細

リースバックで自宅を守り事業資金を調達したM様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋
M様(自営業)

資金調達のためのリースバック

店が行き詰まりローンの返済が困難に → リースバックでローン返済と事業資金調達

ご相談時の状況 愛知県の名古屋市内の自宅兼店舗で床屋を営んでいたM様は、近隣地域に競合店が相次いで出店したことから売上が減少し、住宅ローンの返済が苦しくなっていました。 顧客を開拓するためにも古くなった店内を改装して新しい設備を入れたいと思っても、そんな資金の余裕はありませんでした。 このままでは売上が減り続けて近いうちに生活が行き詰り住宅ローンも返せなくなる、でも今の古い設備ではなかなか新規客が来てくれない、そんな不安と葛藤が続いていたそうです。 家を任意売却して宅ローンを返済することも考えたそうですが、自宅兼店舗というかたちで床屋を運営していたため、自宅を売ってしまうと仕事も失い収入が無くなってしまうため売ることもできないという状況でした。 そのように悩み続けて
 
事例の詳細

収入が減少してローンの返済ができなくなってしまったT様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋
T様(会社員)

収入減少に伴う任意売却

残業代やボーナスカットで返済が困難に → 任意売却+個人再生で再出発

ご相談時の状況 愛知県名古屋市の一戸建てにお住まいだったT様。 ご自宅の購入当時は収入も十分あったため、思い切って名古屋市内に夢のマイホームを購入されたそうです。 住宅ローンも当時の収入であれば十分返していける見込みでしたが、その後勤務先が業績不振に陥り、残業代やボーナスがカットされて収入が下がってしました。 それと同時に子供が増えたこともあり、教育費などの出費もかさんで生活が徐々に苦しくなり、住宅ローンの返済も滞り始めてしまったそうです。 住宅ローンの借入先の銀行にも相談して返済期間を延ばしてもらったそうですが、その分完済までの時間が長くなり金利もかさんむため、とても最後までは返しきれそうにないと考えて当社にご相談いただきました。   当社のサポート
 
事例の詳細

うつ病でローンの返済が困難になり任意売却したK様(愛知県豊田市)

愛知県豊田市
K様(元会社員)

病気に伴う任意売却

ローンを滞納して保証会社から一括請求 → 任意売却で競売を阻止して引越代を確保

ご相談時の状況 愛知県豊田市にお住まいだったK様は、仕事のストレスと過労でうつ病を患ってしまい、仕事を続けることができなくなってしまいました。 貯金を切り崩して住宅ローンの返済を続けていましたが、少しずつ滞ってしまい、ついには保証会社に代位弁済されてローンの残債1500万円を一括請求されてしまいました。 もう競売しか道がないと思っていたところで任意売却のことを知り、当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点ですでに保証会社に窓口が移っており、競売を進める旨を通知されていたため、すぐに当社から保証会社に連絡を取り、競売ではなく任意売却で売却できるよう交渉しました。 ぎりぎりのタイミングでしたが、任意売却に切り替えることの承諾を得る
 
事例の詳細

離婚後に自宅を任意売却し、債務整理で残債を圧縮したO様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
O様(会社員)

離婚に伴う任意売却

不要になった家を売却したいが残債が残る → 任意売却後に債務整理で圧縮

ご相談時の状況 愛知県名古屋市に在住のO様は、奥様と離婚して元々はご家族で生活していた家に1人でお住まいでした。 しかし、離婚時に多額の裁判費用がかかり、お子様の養育費も月々支払わなければならない状態で、1人では住宅ローンの返済をすることが難しくなってしまっていました。 また、「元々家族で暮らしていた広い家に1人で住んでいてもしょうがないし、ここにいると子供のことを思い出して辛いので、この家を引き払って一からやり直したい」という想いが強かったそうです。 しかし、売却しても住宅ローンを返しきれず、多額の残債が残ってしまう見込みであったため、困り果てて当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社で査定をさせていただいたところ、住宅ローンの残債が3000万円
 
事例の詳細

離婚と相続が絡んだ任意売却 S様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
S様(会社員)

離婚・相続を伴い任意売却

離婚・相続の問題で家が売れない状態に → 専門家と連携してすべて解決

ご相談時の状況 愛知県の名古屋市にお住まいだったS様は、当社にご相談をいただいた時点ですでにご主人と離婚の調停を行っている段階で、離婚されることは決まっているものの、家や今後の生活をどうするか悩まれているとのことでした。 家はもう必要なので売りたいとの意向でしたが、当社で査定をさせていただいたところ、任意売却しても多額の残債が残ってしまう見込みでした。 また、家の土地はお亡くなりになったS様のお爺様の名義のままであったことから、その手続きも同時に必要で、離婚における財産分与や相続の遺産分割など様々な問題が絡む非常に難しい状況でした。 当社のサポート内容と結果 まず、離婚の条件についてご主人との話し合いが平行線をたどっている状態でしたので、ご本人の最優先事項である早期の離婚成
 
事例の詳細

病気の治療費でローンが払えなくなり自宅を任意売却したN様(愛知県豊田市)

愛知県豊田市
N様(年金収入)

病気に伴う任意売却

癌の治療費で退職金を使い果たして返済が困難に → 任意売却で引越代を確保

ご相談時の状況 愛知県の豊田市にお住まいであったN様は、3年前に癌を患ってしまいました。 一度は余命を宣告されたにも関わらず賢明な治療により奇跡的に癌を克服されましたが、保険に入っていなかったN様は貯めておいた退職金をすべて治療費につぎ込まざるを得ませんでした。 その結果、癌は無事に回復に向かっているものの自宅の住宅ローンの返済が厳しくなってしまい、競売で安く売られてしまうよりはということで、当社に任意売却のご相談をいただきました。 当社のサポート内容と結果 当社で任意売却の依頼をいただき、すぐに債権者に連絡して任意売却の承諾をいただきました。 また、N様はまだご体調が完全に回復されていなかったことと、手元資金がほとんどなかったことから、引越時期と引越代を負担がないよ
 
事例の詳細

自宅を任意売却して自分の会社を存続したO様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
O様(会社代表)

経営者の任意売却

自身が経営する会社の業績悪化で収入が激減 → 自宅を任意売却して会社を存続

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住いのO様は、ご自身が経営する会社の業績が傾いてしまった影響で、収入が大幅に減ってしまいました。 それでも自分の下で働いてくれる社員と信頼してくれているお客様のために、何とか会社を守ろうと自身の給与をカットして会社の存続のために懸命に働きました。 努力の甲斐あって会社の業績は少しずつ回復してきましたが、会社の支出を抑えるためにご自身の収入をほとんどゼロに近い状態にしていたため、自宅のローンの支払いが滞ってしまいました。 このままでは自宅が競売になり、最悪の場合は自分も自己破産しなくてはいけなくなってしまうと考えたO様は、そうなる前に任意売却しようと決意して当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時
 
事例の詳細

任意売却した後の残債を他の借金と合わせて整理したM様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
M様(会社員)

任意売却後の債務整理

住宅ローンとカードローン等で生活が圧迫 → 任意売却+個人再生で負担軽減

ご相談時の状況 岐阜県岐阜市にお住いのM様は、職場の環境に馴染めずにこのままではうつ病になってしまうと思い、3年前に転職をされたそうです。 ところが転職後に収入が大幅に落ちてしまい、生活費を賄うのが難しくなってしまってい、キャッシングやカードローンで足りない生活費を賄うという悪循環に陥ってしまいました。 次第に、借金の返済が重くのしかかり、住宅ローンの返済が滞ってしまう状況に陥り、このままでは自己破産しか道が残されていないと考えて当社に任意売却のご相談をいただきました。 当社のサポート内容と結果 当社で債務状況を確認したところ、住宅ローンの残債が1800万円でそれ以外にも300万円の借入がある状況でした。 一方で、当社で査定をしたところ、自宅を売却しても1300~15
 
事例の詳細

離婚の10年後にローンが滞り、元妻の協力を得て任意売却したY様(三重県松阪市)

三重県松阪市
Y様(会社員)

離婚後の任意売却

共有名義の元妻の連絡先が分からない → 手紙を送付して協力を依頼

ご相談時の状況 三重県松阪市にお住いのY様は、10年前に離婚をされていらっしゃり、離婚後も1人でローンを支払ってきましたが、収入の減少に伴いローンの返済が滞ってしまいました。 そこで、競売よりも少しでも高く売れればと当社に任意売却のご相談いただきましたが、調べてみるとご自宅が前の奥様と共有名義になっていることが判明しました。 共有名義の場合、共有者全員の承諾がなければ任意売却をすることができませんが、前の奥様とは離婚後一度も連絡を取っておらず、連絡先もわからないとのことでした。 当社のサポート内容と結果 かろうじで前の奥様の実家の住所だけはわかるということでしたので、当社でご協力を依頼するお手紙を作成させていただき、前の奥様の三重県内の実家に送付しました。 その結果、
 
事例の詳細

競売の申立の直前に任意売却に切り替えたK様(愛知県岡崎市)

愛知県岡崎市
K様(会社員)

任意売却で競売を回避

競売の直前まで滞納を放置 → 直前で競売をストップさせ任意売却に変更

ご相談時の状況 愛知県の岡崎市にお住まいだったK様は、会社の業績悪化が原因でボーナスがカットされ自宅と車のローンの支払いが難しくなってしまいました。 返済が滞って督促の手紙や電話が頻繁に来るようになりましたが、「何とかなるのではないか」「こんなことを誰かに相談するのは気が引ける」と思い、なかなか対策をとることができませんでした。 しかし状況は改善せず、6か月ほど滞納が溜まってしまったときに住宅ローンの借入先の住宅金融公庫が委託している債権回収会社より「今月中に滞納分を一括返済しないと競売の申し立て手続きに入る。任意売却するのであれば業者を探してください」という旨の連絡がありました。 この時初めて任意売却という言葉を知ったK様は、これ以上は放置できないとインターネットで地元
 
事例の詳細

赤字の投資用マンションを任意売却して自宅を守ったO様(愛知県豊田市)

愛知県名古屋市
A様夫妻

投資用マンションの任意売却

投資用マンションが大赤字 → 任意売却と"個人再生"で債務を圧縮して破産を回避

ご相談時の状況 愛知県豊田市にお住いのO様は、名古屋にあるマンションを投資用として5室購入していました。 購入直後こそわずかながら収益が出ていましたが、賃借人が変わるたびに賃料が下がっていき、さらに築年数が増えるにしたがって空室となる期間も増えていきました。 そしてついには3室が同時に空室となり、月々のローンの返済もままならない状態となってしまいました。 これ以上は維持できないと考えたO様は、売却を決意しましたが、5室でローンが8000万円以上残っており、すべて売却しても7000万円ほどにしかならないという状況で売却することもできませんでした。 このままでは自己破産して自宅まで手放さなければならないかと途方に暮れていたそうですが、何とかならないかとご自身で調べている
 
事例の詳細

離婚に伴い自宅を任意売却したE様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
A様夫妻

離婚に伴う任意売却

離婚に伴い自宅を売りたいがローンを完済できない → 任意売却で残債を残して売却

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住まいであったE様ご夫妻は、お互いに納得のうえ離婚をする予定で、財産分与などの協議をされていましたが、自宅のローンが2500万円以上残っており、これをどうするかが問題となりました。 ご自宅も共有名義でしたが、それまで住宅ローンは2人で支払ってきており、ご夫婦どちらかだけで住宅ローンの支払いを続けていくことは困難で、売却してご主人様は賃貸へ、奥様はご実家に引っ越すことになりました。 しかし、不動産会社に査定を依頼すると査定額は2000万円で、500万円以上残債が残ってしまう状況でした。このことを債権者である銀行に相談しましたが、不足分を現金で補てんして一括返済しない限り抵当権を外さないと言われてしまい、困って当社にご相談いただきました。 &
 
事例の詳細

自宅を任意売却して事業資金を捻出したM様(静岡県静岡市)

静岡県静岡市
M様(個人事業)

事業継続のための任意売却

事業用ローンと住宅ローンの返済が困難に → 自宅を任意売却して事業を継続

ご相談時の状況 静岡市で事業を営んでいたM様は、ご自身の病気などが原因で一時的に大きく事業の業績を落としてしまい、事業用の借入の返済が難しくなってしまいました。 体調も回復してきたことから、何とか事業は継続したいと考えていらっしゃいましたが、住宅ローンも残っており、事業用融資と住宅ローンを両方支払い続けることは困難な状況でした。 そこで、何とか方法はないかとインターネットで色々と調べているうちに、任意売却という方法を見つけ、当社のホームページからご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、事業用ローンの返済が月25万円、住宅ローンが月15万円で、現状の収入からは両方支払っていくのは難しい状況でした。 しかし、体調
 
事例の詳細

任意売却と生活保護で生活を再建したY様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
Y様(年金収入)

任意売却後の生活保護申請

ローンの返済と高額な医療費で生活が破綻 → 任意売却後に生活保護を申請して再建

ご相談時の状況 愛知県の名古屋市にお住まいだったY様は、職場を定年退職後に年金で生計を立てていましたが、大きな病気をしてしまい医療費がかさんで生活を圧迫するようになりました。 退職金も使い果たし、医療費もかさむ中で生活が破たんしていたため、生活保護を申請しましたが、自宅を所有していると生活保護の対象にならないと申請を却下されてしまったそうです。 預貯金は底を尽きており、住宅ローンはおろか医療費の支払いもままならずに体調も回復していない状況で、これ以上今のままの生活を続けていくことは難しいと考えて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 Y様は住宅ローンが1500万円ほど残っていましたが、建物の築年数が古かったこともあり売却してもローンを完済
 
事例の詳細

収入が年金のみになりローンの支払いが困難になったT様(愛知県一宮市)

愛知県一宮市
S様(年金収入)

老後の任意売却

年金生活で住宅ローンの支払いが困難に → 任意売却で残債を月5000円の分割払いに

ご相談時の状況 愛知県一宮市にお住いのT様は、3年前に名古屋市内の会社を退職して年金を主な収入として生活をされていました。 しかし、正社員として働いていた時と比べると収入が大幅に減少し、退職金も想定していたよりも少なかったため、75歳まで残り10年以上に渡って住宅ローンを支払い続けることが困難と考えて、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で住宅ローンの残高は残り1,200万円を切っていましたが、築年数が経過していたこともあり当社で査定をした市場価格は800万円程度で、売却しても残債が残ってしまう見込みでした。 そこで、残債が残る形でも売却しても抵当権を外してもらえるように当社で債権者と交渉し
 
事例の詳細

任意売却で引越し代と滞納していた税金の費用を確保したS様(三重県鈴鹿市)

三重県鈴鹿市
S様(自営業)

事業者の任意売却

手元資金が一切なく税金も滞納 → 任意売却で税金の返済と引越し代の確保を実現

ご相談時の状況 三重県の鈴鹿市で個人事業を営んでいたS様は、事業の業績が芳しくなく、収入がピーク時の4分の1以下にまで落ち込んでしまっていました。 ピーク時はかなりの収入があったことから、注文住宅で建てたというご自宅もとても立派なものでしたが、収入の激減で住宅ローンの返済が苦しくなっていました。 また、住宅ローン以外にも事業資金としての三重県内の地銀からの借入も1000万円以上あり、これらも含めると月々の返済額は30万円近くに及んでおり、任意売却をご検討されて当社にご相談いただきました。 さらに、事業を立て直すために個人資金もぎりぎりまで事業に投入していたため、当社にご相談にお越しいただいた時点ではもう貯金も一切なく、固定資産税や事業税などの税金も滞納していて、自宅を差押
 
事例の詳細

多重債務を任意売却と債務整理で解消したK様夫妻(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社員)

収入減による任意売却

多重債務で月々の支払いが25万円以上 → 任意売却と債務整理で月10万円以下に

ご相談時の状況 愛知県名古屋市のマンションにお住まいだったK様ご夫婦は、ご主人様の転職と、派遣で働いていた奥様の派遣期間の終了が重なり、収入が大きく落ち込んでしまっていました。 そこにお子様の教育費も重なり、生活費が足りなくなってカードのキャッシングや消費者金融からの借入で不足分を賄っている状態でした。 しかし、いよいよ返済ができなくなり、ご自宅のマンションの任意売却を検討されて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、すでに総額いくら借りているのか、月々いくら返しているかも把握できていない状態でした。 そこで、当社でヒアリングと調査をしたところ、住宅ローンが残債1800万円あり、それ以外にご主人様の40
 
事例の詳細

病気で仕事が続けられなくなってしまった事業主のH様 (岐阜県各務原市)

岐阜県各務原市
H様(個人事業)

病気に伴う任意売却

病気で仕事が続けられなくなり収入が半減 → 任意売却でローンの支払い負担を軽減

ご相談時の状況 岐阜県の各務原で個人事業主として電気工事の仕事をされていたH様は、数年前まで仕事も順調でピーク時は年収1000万円を優に超えていらっしゃいました。 しかし、勤勉なH様は10年以上に渡ってほとんど休みも取らずに働き続けた結果、無理がたたって3年前に大病をしてしまい、手術で一命は取り留めたものの、これまでと同じような働き方は到底できなくなってしまいました。 やむを得ず仕事のペースを落としましたが、それに伴って収入が半減。その結果、収入がピークの時に建てた立派なご自宅のローンが月15万円を超えており、重荷になってしまいました。 さらに、そこに高額な医療費が重なり、貯金を切り崩して3年間しのいでましたが、今後ずっと今の生活をしていくのは難しいと考えて当社にご相談い
 
事例の詳細

税金が払えなくなり自宅を任意売却したY様(愛知県西尾市)

愛知県西尾市
Y様(会社員)

任意売却で税金の差押えを解除

固定資産税の滞納で自宅が差し押さえに → 任意売却で売却代金の中から返済

ご相談時の状況 愛知県の西尾市にお住いのY様は、会社の業績の悪化によりボーナスや残業代が少しずつカットされていき、住宅ローンや自宅の固定資産税の支払いが少しずつ滞るようになってきてしまいました。 住宅ローンは送れながらも少しずつ支払ってきたのですが、固定資産税の支払いができずに滞納してしまっていたところ、市から自宅の差し押さえを通告されてしまいました。 これ以上支払わないと、延滞税がどんどん加算されてしまうため到底支払っていけないと考えたY様は、任意売却を検討して当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、税金の滞納で50万円以上あり、住宅ローンも2か月分滞納している状態でした。 そこで、任意売却するために
 
事例の詳細

連帯保証人である離婚した元妻に迷惑をかけずに任意売却したT様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
T様(会社員)

前妻が連帯保証人の任意売却

前の妻が保証人 → 売却後に任意整理をして連帯保証人への請求を回避

ご相談時の状況 愛知県名古屋市にお住まいのT様は、10年前に離婚してすでに再婚もしていましたが、前の奥様と購入したマンションの住宅ローンの返済が厳しくなり、任意売却をご検討されて当社にご相談いただきました。 お話をお伺いしたところ、前の奥様が連帯保証人になっており、もしローンを返済できなくなってしまうと前の奥様にも請求がいってしまう状況でした。   当社のサポート内容と結果 前の奥様には迷惑をかけたくないとのことでしたので、任意売却の後に残った残債は任意整理をしてT様が分割払いをしていくことを提案しました。(※自己破産や個人再生で残債を免責してしまうと、連帯保証人に債務が移ってしまいます) ※任意売却後の残債の整理についてはこちら>> 前の
 
事例の詳細

会社の破産に伴いリースバックで自宅を守ったW様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
W様(経営者)

会社の破産に伴うリースバック

破産する会社の借入で自宅が抵当に → リースバックで自宅に住み続けながら完済

ご相談時の状況 岐阜市で事業を営んでいたW様は、会社の業績が悪化してしまい、事業用で借り入れた資金の返済が困難になってしまいました。 これ以上の事業継続は難しいと判断し、破産申請をして会社をたたむ決意をしましたが、自宅を借入の担保に入れていたために、会社が破産をすると自宅まで競売にかけられてしまうという状況でした。 自宅には奥様とお子様、ご両親もお住まいであったため、どうにか自宅だけは守る方法がないかということで当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただき、現状をヒアリングしたところ下記のような状況でした。 【負債】 ・事業用借入残高 4,500万円 ※一部は自宅担保 ・住宅ローン残高 800万円 【資産】
 
事例の詳細

息子の進学のために自宅を任意売却したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(会社員)

離婚・収入減による任意売却

子供の学費の捻出が困難に → 任意売却で住宅ローンの負担を軽減

ご相談時の状況 愛知県名古屋市のマンションで生活をされていたK様は、7年前の離婚依以来、男手一つでお子様を育ててきました。その間に転職したことで、当時より収入が減少してしまいましたが、なんとか生活費と子供の教育費を捻出しつつ住宅ローンの返済を続けてきたそうです。 しかし、息子様が高校生卒業後に東京の私立大学への進学を希望されたため、大学の学費を考えるとこれ以上の返済は無理だと判断し、自宅を売却することを決断されました。 しかし、他の不動産会社に相談したところ残っているローンを完済できないと言われてしまい、どうして良いかわからず当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 お話し合いの結果、どうしてもお子様の夢のために希望の大学への進学をさせてや
 
事例の詳細

住宅ローンの借換と債務整理で任意売却せずに済んだU様(静岡県浜松市)

静岡県浜松市
U様(公務員)

売却せずに返済を圧縮

複数の借入で支払いが困難に → 借換と債務整理で任意売却せずに解決

ご相談時の状況 静岡県の浜松にお住いのU様は、まだ住宅ローンを滞納していませんでしたが、来月以降の支払いが難しいので、任意売却したいということで当社にご相談いただきました。 浜松のご自宅まで出張相談させていただいてお話をお伺いしたところ、住宅ローンは金利3.5%と高く、住宅ローン以外にもご自宅を担保にした不動産担保ローンで金利7%、複数の消費者金融からの借入が平均金利9%で500万円残っている状態でした。 U様は決して収入が少ないわけではありませんでしたが、これらの借り入れで月の返済額は20万を超えていて、これ以上の返済は難しい状況でした。   当社のサポート内容と結果 任意売却の方向でご相談をいただきましたが、上記の内容を踏まえると売却せずに返済負担を軽減
 
事例の詳細

任意売却後にリースバックで子供の卒業まで引っ越さずに済んだM様(愛知県稲沢市)

愛知県稲沢市
S様(会社員)

収入減に伴うリースバック

収入減でローンの返済が困難に → リースバックで子供の卒業まで引っ越しを回避

ご相談時の状況 愛知県稲沢市で家族4人でお住いだったM様は、勤務先の業績不振で残業代とボーナスがすべてカットされてしまい、住宅ローンの支払いが厳しくなってきてしまいました。 何とか支払いを続けていましたが、ついに返済が滞ってしまい、債権者からこれ以上払わないと競売を申し立てる旨の通知が来てしまいました。 お子様があと1年半で中学校を卒業する予定であったことから、何とかそれまでは引越しせずに今の学校に通わせてあげたいという想いがあったM様は、他の不動産会社に任意売却の相談もしましたが、1年半は住み続けられないとすべて断られてしまったそうです。   当社のサポート内容と結果 当社でお話を伺ったところ、お子様が卒業するまではどうしても今の家に住み続けたいが、それ以
 
事例の詳細

税金の支払いのためにリースバックをしたS様(三重県津市)

三重県津市
S様(自営業)

納税資金のためのリースバック

事業の税金の支払いができない → リースバックで資金を捻出

ご相談時の状況 S様は三重県津市で個人事業を営んでいらっしゃり、ようやく事業が軌道に乗り始めていましたが、そのタイミングで税務署の税務調査が入ってしまいました。 決して意図的ではなかったものの、申告が漏れていた売り上げが発覚し、500万円の追徴課税が言い渡されてしまいました。 利益は出ていたもののまだ資金には余裕がなく、到底一括で支払える金額ではありませんでした。そこでしかたなく、家を売却して納税するしかないと考えていたときにリースバックのことを知り、当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社でご自宅を査定させていただいたところ、市場価格で1800万円は十分にあるという結果となりました。そこで、当社で提携している投資家を当たり、500万
 
事例の詳細

競売開始の通知が届いて慌てて任意売却したY様(岐阜県大垣市)

岐阜県大垣市
Y様(自営業)

離婚と収入減に伴う任意売却

離婚と事業の業績悪化により支払いが困難に → 自宅を売却して事業を継続

ご相談時の状況 岐阜県の大垣市で個人事業を営んでいたY様は、2年前に離婚してこれまで夫婦2人で支払っていたローンを1人で支払う負担が大きく、それに加えて事業も徐々に売上が落ちてきており、住宅ローンの返済も少しずつ滞るようになっていました。 それでも何とか事業を立て直そうと必死に仕事をこなす多忙な生活を続けていましたが、ある日突然「競売開始決定通知」という書面が裁判所から送られてきました。 あまりに多忙だったため、銀行からの督促状が届いてもあまり開かずに放置していたY様は、競売の通知を見て初めて事態の深刻さに気づいたそうで、競売で家が安く叩き売られて多額の残債が残ることだけは避けたいと当社にご相談いただきました。     当社のサポート内容と結果
 
事例の詳細

実家に帰るために自宅を任意売却したO様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
O様(元会社員)

実家に戻るために自宅を任意売却

もう住まない家を売ってもローンが完済できない → 任意売却で少額の分割払いに

ご相談時の状況 三重県の津市のご出身のO様は、名古屋の企業に就職後、ご結婚を機に名古屋のマンションを購入されました。当時は実家に帰るつもりもなく名古屋に永住するつもりで家を買ったものの、10年経って事情が変わり、自営業をされているお父様の事業を継ぐために実家に戻ることになりました。 しかし、名古屋の自宅を売却しようとしたところ、2000万円残っていた住宅ローンを完済できないことに気づきました。 もう住まない家のローンを返済し続けることは難しく、賃貸で貸しても月々のローン返済額ほどの家賃が見込めなかったことから、任意売却を検討されて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 売却してもローンを完済できない状態であったことから、任意売却を進めるこ
 
事例の詳細

競売の間際から任意売却を成立させ、引っ越し代まで確保したS様(愛知県豊橋市)

愛知県豊橋市
S様(会社員)

任意売却で引っ越し代を確保

競売が1週間後に迫る → 任意売却に切り替えて引っ越し代を確保

ご相談時の状況 愛知県の豊橋でご家族と生活されていたS様(女性)は、旦那様の会社の不振により収入が減少したため、旦那様だけでなくご自身もパートとして働きながら家計をやりくりしていましたが、想定外の出費も重なって住宅ローンの返済が滞ってしまっていました。 なんとかなるのではと考えて、競売開始が決まってからもしばらくはどこにも相談せずにいましたが、ついには競売の入札が間近にせまってきていました。何とか任意売却に切り替えられないかと数社に相談したもののもう間に合わないとすべて断られて、当社にご相談いただきました。 当社にご相談いただいた時点で、競売入札開始日の1週間前で、開札日も3週間前に迫っている状態でした。   当社のサポート内容と結果 一刻の猶予もない状態で
 
事例の詳細

ボーナスがカットされ任意売却を決意されたR様(静岡県静岡市)

静岡県静岡市
R様(会社員)

任意売却で負担軽減

ボーナスカットで支払いが困難に → 任意売却で返済の負担を軽減

ご相談時の状況 静岡にお住いのR様は、会社の業績の悪化に伴ってあてにしていたボーナスがカットされてしまい、生活が苦しくなってしまいました。 元々は高額のボーナスが支給される会社であったため、住宅ローンもボーナス返済を高額に設定していましたが、ボーナスが完全になくなったことで、夏のボーナス払いができずに滞納をしてしまっている状態でした。   当社のサポート内容と結果 このままでは自宅が競売にかけられてしまうため、競売で安く叩き売られてしまうよりは任意売却で高値で売却して、次の生活を楽にしたいということで、当社で任意売却をすることにしました。 任意売却しても住宅ローンを完済できず、200万円ほど残債が残ってしまいましたが、債権者と交渉して月々2万円の分割返済で合
 
事例の詳細

リースバックと生活保護で自宅に住み続けたW様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
W様(パート)

リースバックと生活保護

離婚でローンの支払いが困難に → リースバック後に生活保護を申請

ご相談時の状況 岐阜にお住まいのW様は、旦那様が会社の業績悪化によりリストラされてしまい、収入がなくなってしまいました。 その後、旦那様とは離婚することとなり、女手一つで住宅ローンを支払いながらお子様を育ててきましたが、旦那様からの養育費が滞ったため生活を続けていくことができなくなってしまっていました。 収入が少なかったため生活保護を申請しましたが、持ち家を所有していることから生活保護の対象外になってしまい、行き詰って当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 お子様の転校をどうしても避けたいというご要望でしたので、リースバックを提案させていただきました。当社でリースバックに応じてくれる投資家を手配し、無事に任意売却でのリースバックを成功させ
 
事例の詳細

賃借人が住んでいる投資用不動産を任意売却したY様(愛知県岡崎市)

愛知県岡崎市(物件は東京)
Y様(会社員)

賃借人のいる投資用マンションの任意売却

賃借人が住居中の物件の任意売却 → 賃借人と交渉して買い取ってもらうことで合意

ご相談時の状況 愛知県岡崎市にお住いのY様は、以前東京に住んでいた際に購入したマンションを投資用として貸していましたが、近年の賃貸用マンションの増加に伴って家賃が大幅に下落し、住宅ローンの返済額に満たない状態になっていました。 借主が変わるごとに赤字幅が大きくなり、これ以上は返済を続けられないと考えて売却を決断されました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた段階でまだ2000万円以上のローンが残って降り、普通に売却しても200万円以上の残債が出てしまう状態でしたので、任意売却を進めることにしました。 しかし、その物件に住んでいる賃借人をどうするかという問題が出てきました。通常、賃借人が住んでいる不動産を、投資用物件のオーナーチェンジとして売
 
事例の詳細

リースバックで返済負担を大幅に軽減したO様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
O様(会社員)

リースバックで負担削減

ローン・管理費で月16万円の負担 → リースバックで住み続けながら月9万円に

ご相談時の状況 名古屋のマンションにお住いのO様は、子供の教育費などの支出がかさみ、住宅ローンの返済が厳しくなってしまい、当社にご相談いただきました。 ヒアリングさせていただいたところ、住宅ローンは残り1000万円と少なかったものの、月13万円ローン返済と3万円の管理費・修繕積立金に加え、教育ローンの返済で生活が圧迫されている状態でした。   当社のサポート内容と結果 少なくても子供が学校を卒業するまでは今の自宅を離れたくないというご要望であったため、リースバックを提案させていただきました。 当社で住宅ローンを完済できる1000万円以上で買い取ってリースバックをしてくれる投資家を手配し、売却代金で住宅ローンを完済していただくと同時に、買主と賃料9万円/月
 
事例の詳細

年金暮らしの両親を引き取るために両親の家を任意売却したM様(三重県四日市市)

三重県四日市市(物件所在地)
M様(会社員)
ご両親は年金暮らし

ご両親の自宅の任意売却

両親の自宅を売却しても残債が残る → 任意売却して分割払いに

ご相談時の状況 関東にお住いのM様は、高齢で年金暮らしの両親を心配し、関東のご自宅に引き取ることを決めまさいた。 しかし、三重県四日市にあったご両親のご自宅を売却しようとした際に、売却しても今の価格相場では残っている住宅ローンを完済できないことがわかり、当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 基本的に銀行等の金融機関は、ローンを完済しないと自宅の売却を認めませんので、まずはご両親の住宅ローンを滞納してもらうことから始めました。 6か月に渡ってローンを滞納していただき、管轄が銀行から保証会社に移った段階で、当社から保証会社に交渉し、任意売却を進めることができました。 なお、早く両親を引き取りたいご要望があったため、任意売却が完了する前
 
事例の詳細

相続したマンションの任意売却をしたS様(愛知県名古屋市)

愛知県瀬戸市
S様(会社員)

一相続物件の任意売却

相続手続きをしていない自宅のローンの支払いが困難に → 相続手続き後に任意売却

ご相談時の状況 お父様を5年前に亡くしたS様は、名古屋市内にあるお父様の名義のマンションにそのまま住み続けていましたが、引き継いだ住宅ローンを支払いを続けていくことができなくなりました。 当社にご相談いただいたときにはすでに4か月ほどローンを滞納されていて、残債も1500万円以上残っている状態でした。 しかし、S様はお父様が亡くなった際に相続の手続きをしていなかったため、すぐに任意売却しようにもできない状態でした。   当社のサポート内容と結果 相続の手続きをしていない場合、その不動産は法定相続人全員の共有財産という扱いになるため、相続人全員の承諾を得る必要がありました。 S様にはお姉様が2人いたため、お二人の承諾も必要だったのですが、マンションを売却
 
事例の詳細

通常の売却で買い手がつかず任意売却に切り替えたH様 (愛知県瀬戸市)

愛知県瀬戸市
H様(会社員)

一般売却から任意売却に切り替え

市場価格と乖離して買い手が付かず → 価格を調整して任意売却で自宅を売却

ご相談時の状況 不況による収入減で住宅ローンの返済が難しくなってしまったH様は、家賃の安い賃貸に引っ越すために不動産会社に依頼して不動産を売却しようとしました。 住宅ローンが1800万円近く残っていたため、それを完済できる金額での売り出しを不動産会社から提案され、当初は提案のとおり1800万円で販売をしていました。 しかし、1年経っても全く買い手が付かず、その不動産会社からの報告や連絡もほとんどありませんでした。 その間、H様は住宅ローンを支払い続けましたが、いよいよ返済ができなくなり、心配になって当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社で査定をさせていただいたところ、市場価格としては1200万円が妥当で、1800万円では到底売
 
事例の詳細

認知症の旦那様に成年後見人をつけて任意売却したN様 (岐阜県大垣市)

岐阜県大垣市
N様(年金暮らし)

成年後見人による任意売却

認知症で任意売却ができない状態に → 成年後見を申し立てて任意売却が成立

ご相談時の状況 N様は旦那様と2人で暮らしていましたが、収入が年金のみで住宅ローンの返済が厳しくなっていました。これ以上の返済は難しいと考えたN様はインターネットで任意売却のことを知り、当社にご相談いただきました。 しかし、N様の旦那様は認知症を患っており、判断能力が十分とは言えず、不動産の売却などの契約ができない状態でした。   当社のサポート内容と結果 任意売却をするためには本人の意思での売買契約が必要ですが、認知症の方の場合この売買契約などの法律行為ができないため、まずは成年後見の申し立てを行うことにしました。 当社が提携する司法書士に依頼して成年後見を申し立て、そのままその司法書士に成年後見人に就任していただきました。 その後、その成年後見人で
 
事例の詳細

赤字の投資用マンション2部屋を任意売却したE様(愛知県春日井市)

愛知県春日井市
E様(会社員)

投資用不動産の任意売却

投資用不動産が赤字に → 任意売却して残債は少額の分割払いで合意

ご相談時の状況 愛知県の春日井市にお住まいだったE様は、投資用ワンルームマンションを販売する会社からの勧誘で東京のタワーマンション2部屋を購入しました。 最初は半信半疑でしたが、「サブリース(家賃保証)があるから安心」「東京オリンピックが決まったタイミングでこれから価値が上がって将来の保険になる」などと強引に勧められ購入したものの、購入して3年後には赤字に陥りました。 最初こそ、収支がプラスになっていたものの、投資用マンションの急増による家賃相場の下落で、当初想定していた価格では借り手が見つからない状態で、毎月赤字を垂れ流す状態でした。 結婚を控えていたE様は、将来の不安を結婚前にすべて払拭したいと考え、任意売却を決意されました。   当社のサポート内容
 
事例の詳細

連帯保証の娘に迷惑をかけずに任意売却に成功したK様 (三重県桑名市)

三重県桑名市
K様(パート社員)

任意売却+生活保護で生活再建

生活費が払えず衰弱状態に → 任意売却と生活保護で生活を立て直し 

ご相談時の状況 三重県の桑名市で娘様と二人暮らしで生活をされていたK様は、10年以上前に離婚して女手一つで娘様を育ててきました。 マンションを購入時に一人では住宅ローンが組めず、娘様を連帯保証人としたうえでローンの完済年齢が90歳という無理な組み方でローンを組んでいらっしゃいました。 なんとか娘様も仕事をしていたため、二人でなんとか生計を立てていましたが、2年前に娘様が結婚して家を出て以降は生活が苦しくローンを支払えない状況に陥ってしまっていましたが、連帯保証人である娘様に迷惑をかけたくないと娘様には連絡せず、生活費を切り詰めて生活されていました。   当社のサポート内容と結果 当社が相談のためにご自宅のマンションにお邪魔した際には、K様は資金難から真夏にも
 
事例の詳細

離婚した夫が破産し競売にかけられた家を任意売却したM様(岐阜県多治見市)

岐阜県多治見市
M様(会社員)

離婚に伴う任意売却

元夫がローンを払わず競売通知が届いた → 元夫の所在を調査して任意売却

ご相談時の状況 5年前に離婚をされたM様は、離婚後も元夫と購入した岐阜県の多治見市の自宅に住み続けていましたが、ある日いきなり競売開始決定の通知が届きました。 元夫に連絡を取ったものの連絡がつながらず、このままでは自宅を追い出されてしまうということで、慌てて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいたときにはすでに競売開始決定通知が届いた後であり、任意売却するにはかなりぎりぎりのタイミングでした。急いで元夫様に連絡を取りましたがつながらず、最後の手段として市役所に相談し、居場所を特定してお手紙をお送りしました。 すると元夫様から連絡があり、多重債務に陥っており返済ができない状態であったことがわかりました。そこで元夫様とも
 
事例の詳細

任意売却とリースバックで先祖代々の土地を守ったT様 (愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
T様(会社員)

先祖代々の土地をリースバック

病気でローン返済が困難に → リースバックで住み続けながら先祖代々の土地を死守

ご相談時の状況 15年前に先祖代々承継してきた土地にローンを組んでご自宅を建てられたT様。大手製造業に勤務していたものの、会社の業績が悪化して徐々に収入が減っていきました。 そこへきて更に体調を壊してしまい、それまで行っていた仕事を継続することができず、給与の低い部署への移動を余儀なくされてしまいました。 その結果、住宅ローンが家計を圧迫し、それ以上の返済を継続することが難しくなってしまいましたが、先祖代々の土地をどうしても手放したくないということで当社へご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社で物件を査定させていただいた結果、任意売却後に残る残債が比較的少なかったことと、5年後に退職金が出る予定であったことから、リースバックをご提案させて
 
事例の詳細

任意売却により娘様の大学進学を実現したN様(三重県津市)

三重県津市
N様(元会社員)

退職に伴う収入減で任意売却

会社の退職で返済不能に → 任意売却で家族の絆を取り戻し娘様の大学進学も実現

ご相談時の状況 N様は2人の娘様がまだ小さいころに離婚し、男手ひとつで仕事と育児を両立してきました。 勤務先も大手の精密機器メーカーで当時は収入も十分でしたが、離婚前に購入した家であったため、1人で生活費と2人の娘の学費を工面しながら住宅ローンの返済を続けて行くことが次第に難しくなっていました。 その後、海外メーカーとの競争が激しくなったことから勤務先の業績も下がり始めたため、早期退職の募集に応募して定年前に退職しました。退職金も出たため、当面はしのぐことができましたが、再就職することができずに再び生活が厳しくなりました。 「このままでは娘様を大学に入れてやることができない…」とずっと悩まれていたときに、たまたま当社が任意売却について取材を受けたTV番組を当時高校生であった娘
 
事例の詳細

リーマンショックで残業代を大幅カットされ任意売却を決意されたH様(愛知県豊田市)

愛知県豊田市
H様(会社員)
リーマンショックに伴う収入減

残業代カットでローンの返済が困難に → 任意売却後に月1.5万円の分割払いで合意

ご相談時の状況 愛知県の豊田市にお住まいであったH様は、大手自動車メーカー勤務で収入も十分であったため、6000万円の立派なご自宅を購入されていました。 しかし、2年後にリーマンショックが起こり、残業代が大幅にカットされことで収入が激減し、ローンの支払いが難しくなってしまいました。 なんとか払っていけないわけではありませんでしたが、住宅ローンの返済のためだけに働いているような状態になってしまい、任意売却をするか悩んで当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 無理をすれば払い続けられるだけの収入があったため、最初は自宅を本当に売却するか悩んでいらっしゃいました。どうしても任意売却せざる得ないという状況ではなかったため、当社としても売却しない選択肢
 
事例の詳細

個人再生により自宅を売却せずに済んだK様(愛知県西尾市)

愛知県西尾市
K様(社員)

個人再生で債務を圧縮

月々30万円以上の返済で生活が困窮 → 個人再生で任意売却せずに債務を圧縮

ご相談時の状況 愛知県の西尾市にお住いのK様は、住宅ローン以外に教育ローンやカードのキャッシング、消費者金融からの借り入れが多数あり、その返済で生活が圧迫していました。 これ以上は返済できないと思ったK様は、自己破産するか、自宅を任意売却して返済の負担を減らそうと考えて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 当社で確認したところ、10社を超える銀行や消費者金融からの借り入れがあり、住宅ローンも含めると月々の返済が30万円近くになっていました。 しかし、K様は収入自体は低くなかったため、個人再生で住宅ローン以外の債務を圧縮することを提案しました。 その後、当社で弁護士を手配し、個人再生の手続きを行ったことで、600万円以上あった借入を
 
事例の詳細

離婚と前妻の破産に伴い自宅を任意売却したM様(静岡県浜松市)

静岡県浜松市
M様(会社員)
離婚に伴う任意売却

離婚に伴い住宅ローンの返済が不能に → 任意売却で自己破産を回避

ご相談時の状況 静岡県の浜松市にお住まいだったM様は、ある日自宅に帰宅すると奥様とお子様がおらず、実家に帰ると置手紙がありました。 後日、弁護士から連絡があり、奥様が離婚を希望していることと、自己破産の手続きをする旨を言い渡されました。 M様は奥様とお二人で住宅ローンを組んでおり、お互いに連帯保証人になっていました。 そのため、奥様の自己破産に伴い、銀行から全額の一括返済を求められてしまいました。 自分も自己破産するしか道が残されていないと考えていた時、当社が取材を受けたテレビ番組をご覧になり、ご相談にいらっしゃいました。   当社のサポート内容と結果 任意売却することについて奥様にも了承をいただき、当社にて任意売却をお手伝いしました。 債権者である銀
 
事例の詳細

リースバックでカード残債を返済し、自宅に住み続けたS様(岐阜県岐阜市)

岐阜県岐阜市
S様(会社員)
リースバック

自宅が競売に → リースバックで債務を返済して自宅に住み続けることに成功

ご相談時の状況 クレジットカードを使い込んでいた岐阜市のS様は、気づかぬうちにカードの支払いが3か月遅れていました。 その段階で300万円の支払いが残っており、すぐには支払いができない状態でした。 その結果、自宅が競売のかけられてしまい、慌てて当社にご相談いただきました。   当社のサポート内容と結果 残債の300万円を支払わなければ、自宅が競売にかけられてしまう状況でしたが、すぐにそのような大金を準備することが難しい状況でした。 そこで、一度当社に自宅を売却していただき、その売却代金で300万円を支払うことで、競売を回避しました。 もちろん、ご自宅は手放さずにそのまま住み続けたいということでしたので、売買時にリースバックの契約を結び、当社が購入した
 
事例の詳細

自営業の売上が低迷し、自宅を任意売却して再出発したK様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
K様(自営業)
戸建て

住宅ローン残高1800万円 → 任意売却で競売を回避、残債は月5,000円の分割返済

ご相談時の状況 名古屋市でご夫婦でお弁当屋を営まれていたKさんご夫妻。昨今の景気の低迷と競合弁当屋の増加で価格競争が進み、味を売りにしていたKさんのお店でもお弁当の販売価格を下げざるを得ない状況になってしまっていました。 新商品を出すなど色々と試みたものの、結局お弁当の価格を下げなければ売上は伸びず、価格を下げるために利益を削り、売っても売っても儲からないという悪循環に陥っていました。 最終的には経営に行き詰まり、収入が激減して住宅金融支援機構から融資を受けていた自宅のローンの返済が難しくなってしまったとのことで、自宅が競売になるのは避けたいと当社にご相談いただきました。 当社のサポート内容と結果 当社にご相談いただいた時点で、住宅ローンの残高が1800万円で、すでに返済を
 
事例の詳細

購入した8件の投資用マンションが赤字で任意売却したT様(愛知県名古屋市)

愛知県名古屋市
T様(医者)
収益物件8件

投資総額1.5億円で月20万円の赤字 → すべて任意売却のうえ個人再生で残債を圧縮

ご相談時の状況 以前に医者として病院に勤務していたT様は、不動産業者の勧誘で新築の投資用マンションを購入しました。 はじめのうちは多少の利益が出たこともあり、将来の為にと考え、さらに7件購入していった結果、総投資額は1億5千万以上になっていました。 年間の収支も購入時こそ多少の黒字ででしたが、年々収支が悪くなり、今では月に20万の毎月の持出の状況になってしまいました。 現在はご結婚され、お子様も生まれたばかりで休職中のため、投資したマンションの赤字が生活を圧迫しており、精神的にも追い詰められていました。   当社のサポート内容と結果 当社で不動産の査定を行ったところ、8件の投資用マンションすべてで購入当初よりだいぶ価格が下がっており、売却してもローンを完済
 
事例の詳細
  page top